詩×写真 「いま」の深みを表現する

  • ©深堀瑞穂
  • ©️浅田政志
  • 谷川 俊太郎(詩人)
  • 長島 有里枝(写真家)
講師詳細

詩人の谷川俊太郎さんと、写真家の長島有里枝さん。異なるフィールドに身を置く2人が、「いま」という表現の可能性をめぐって語り合います。
それぞれのアプローチで向かい合ってきた「いま」、その豊かで深遠な世界とは。

この講座は終了しました
日程
2019/10/5
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,740円 一般 4,400円

講師詳細

谷川 俊太郎(タニカワ シュンタロウ)
1931年東京生まれ。詩人。52年、詩集『二十億光年の孤独』でデビュー。詩作を中心に作詞、翻訳、劇作、絵本、映画脚本・監督などジャンルを超え活動している。62年『月火水木金土日のうた』で日本レコード大賞作詞賞、75年『マザー・グースのうた』で日本翻訳文化賞、82年『日々の地図』で読売文学賞、ほか受賞・著書多数。
長島 有里枝(ナガシマ ユリエ)
1973年東京生まれ。写真家。武蔵野美術大学在学中の1993年、『アーバナート#2』展でパルコ賞を受賞しデビュー。2001年、写真集『Pastime Paradise』で木村伊兵衛写真賞受賞。2010年には、著書『背中の記憶』で講談社エッセイ賞を受賞。文章執筆などにも活躍の場を広げている。写真集に『SWISS』(2010年)、『5comes after 6』(2014年)など、多数。