• トライアル可

英語で読み解く英米の名短編
  • 教室開催

  • 富士川 義之(英文学者)
講師詳細

 今回の講座ではオスカー・ワイルドの社交界喜劇『理想の夫』 を読みます。会話の名手だったいかにもワイルドらしい機知に富む会話のやりとりが楽しめる戯曲です。2022年2月にはこの戯曲をもとにしたミュージカル・コメディ『ザ・ジェントルマン・ライアー 英国的、紳士と淑女のゲーム』のタイトルで宝塚歌劇公演が神奈川県芸術劇場で催されました。
 1895年のロンドンを舞台に、前途有望な政治家ロバートと貞淑な妻ガートルードの仲睦まじい夫婦が、ある日外国帰りの妖しい魅力を持つ貴婦人チェヴリー夫人の登場とともに平穏な生活を脅かされ、やがて夫婦の危機を迎えるまでのありさまがテンポのよい展開と機知とユーモアあふれる会話のやりとりで浮き彫りにされる戯曲です。1999年に公開された映画『理想の夫』(ケイト・ブランシェット主演)も併せて鑑賞します。 (講師記)

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。
申し訳ありませんが、この講座は満席です。キャンセル待ちをご希望の場合は、恐れ入りますが、当教室にお電話にてご連絡ください。

満席になりました
日程
2022/10/14, 10/28, 11/4, 11/11, 12/9, 12/23
曜日・時間
第2・4 金曜 13:30~15:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 20,460円 
設備費(税込)
990円
持ち物など
<テキスト>教材コーナーでお求め下さい。
「AN IDEAL HUSBAND(理想の夫)」オスカー・ワイルド  ¥840

講師詳細

富士川 義之(フジカワ ヨシユキ)
1938年生まれ。東京大学大学院博士課程修了。東京大学文学部教授、駒澤大学文学部教授を歴任。専門は英国の世紀末とモダニズム文学。著書に『きまぐれな読書』『新東西文学論』(みすず書店)、『ある唯美主義者の肖像』(青土社)、『英国の世紀末』(新書館)。訳書にナボコフ『セバスチャン・ナイトの真実の生涯』(講談社文芸文庫)、『青白い炎』(岩波文庫)、ワイルド『ドリアン・グレイの画像』(講談社)、ベイター『ルネサンス』(白水社)、アンジェラ・カーター『血染めの部屋』(ちくま文庫)、『ブラウニング詩集』(岩波文庫)など多数。2015年、「ある文人学者の肖像―評伝・富士川英郎」(新書館)が、第66回読売文学賞の評論・伝記賞を受賞。