英語で紹介 江戸庶民文化  3回通し

  • 根岸 正(全国通訳案内士)
講師詳細

富士山を含む日本国内の数々の世界遺産登録と2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催で、海外から日本へ注目度は年々高まり、平成29年は訪日客数が2869万人となりました。
訪日観光客に日本の文化を発信するために、英語でどのように表現したら上手に伝わるかを学んでみませんか。講座では、庶民の娯楽が一気に花開いた江戸時代の文化に焦点を当て、日本の伝統文化をわかりやすく紹介するための英語表現を指導します。高校卒業程度の英語力がある方が対象ですが、ご興味のある方はお気軽にご受講ください。(講師記)
                  
日 程 カリキュラム
10月 盆栽など~ささやかな楽しみ~ 
11月 江戸しぐさ~向こう三軒両隣~
12月 江戸の年末~気忙しい師走~

お申し込み
日程
2019/10/20, 11/17, 12/15
曜日・時間
第3 日曜 10:30~12:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,570円 一般 11,550円
持ち物など
<テキスト>教室で配布します。

講師詳細

根岸 正(ネギシ マサシ)
 旅行会社 40年勤務。その間十数年国内外でのガイド教育・訓練サポート業務担当。観光通訳ガイド関連団体勤務期間中に、地方自治体・各種団体主催の通訳案内士・地域限定通訳案内士・特区・特例通訳案内士・ボラティアガイド等の研修企画・運営・講師業務等担当。現在、朝日カルチャーセンター(全国通訳案内士養成講座・VG養成セミナー)・通訳案内士養成校(全国通訳ガイド実務研修)・文化センター(地区VG養成講座)・大学生涯教育センター(全国通訳案内士受験講座)等講師担当。一貫して、通訳案内士・ボランティアガイドを含む観光通訳ガイドの制度の周知及び育成に務める。著書:はじめてのボランティア英語ガイド(共著。DHC)執筆:英語ガイドに挑戦!Asahi Weekly:毎月第三週日曜版(29年度・30年度、24回掲載済み)