• 見学可

かな書道 金・隔週クラス

  • 手本例
  • 手本例
  • 大石 三世子(日展会友)
講師詳細

かなの気品高く華麗な書風は日本独自の書芸術の世界を創り上げました。講師オリジナルのお手本で基本を習得します。初めての方は、線を引く筆慣らしから始め、名前と住所の練習、「いろは」の平仮名、「万葉仮名」へと進みます。

◇◆担当者からひとこと◆◇
たくさんの方が受講してくださっている人気クラス。
お手本は個々のご経験やペースに応じてレベルアップしていきますので、初心者の方も経験者の方も無理なくご受講いただけます。芭蕉や子規などの俳句のお手本もあり、和歌がお好きな方にもおすすめです。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2020/9/25, 10/9, 10/23, 11/13, 11/27, 12/11, 12/25
曜日・時間
第2・4 金曜 10:00~12:00
回数
7回
受講料(税込)
会員 19,250円 
設備費(税込)
1,155円
持ち物など
<各自準備>下敷き、半紙、筆、墨
※希望者には、筆(あおによし)約2,200円、半紙(松録)約700円の販売があります。
初心者用手本100円は、教材コーナーでお求め下さい。※硯、文鎮、水差しは教室備品をお使いいただけます。

講師詳細

大石 三世子(オオイシ ミヨコ)
1946年宮崎県生まれ。高校卒業後、大石隆子氏に師事。1972年日展五科に初入選以後、30回入選。東方書道展において特選2回受賞。「冠婚葬祭手紙の書き方」(日東書院)の監修。著書に「和歌を描く」、「古今集を書く」、「俳句を書く」、「日本の四季を書く」、「大石隆子かなの美」(日本習字普及協会)など。