野鳥の楽しみ方 秋冬編
  • 教室開催

  • ユリカモメ(撮影:松田イレーネ)
  • 安西 英明((公財)日本野鳥の会主席研究員)
講師詳細

野鳥を知ることで、命や自然や環境についての理解が深まると、身近な自然でも、旅で出向いた各地でも楽しめるようになります。秋、小鳥に目立つために木の実が色づき(タネは小鳥のフンで運ばれる)、冬にかけて多くの冬鳥たちがロシアやアラスカから飛来します。厳しい冬を生きのびようとする野生の命に学ぶことは多いし、元気や勇気をもらえます。季節ごとの観察ポイントや月ごとのテーマに沿った基礎的な話、最新の話題も紹介し、質問タイムも設けます。最終回は野外観察です。(講師記)

NHKラジオで長年、解説役を務めた安西英明さんによる講座です。鳥の話だけでなく、身近な草木・虫などの話も。

<各回テーマ>

第1回 カモやガン・ハクチョウの仲間(分類や識別、生態)
第2回 サギ・ツル・トキ・コウノトリの仲間(分類や識別、生態)
第3回 声でわかる野鳥(地鳴きの聞き分け方)
第4回 鳥類の研究(歴史や最前線)
第5回 鳥類の保護(歴史や最前線)
第6回 野外観察(野鳥たちから、春を感じよう)

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2021/10/20, 11/17, 12/15, 1/19, 2/16, 3/16
曜日・時間
第3 水曜 15:30~17:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 17,820円 
設備費(税込)
990円
その他
※3/16は野外授業です(現地集合・解散) 
観察場所・時間帯は未定。
通常と異なる時間帯で行う場合もあります。予めご了承ください(午前中に行う可能性もあります)。
詳細は授業の中でお知らせします。

講師詳細

安西 英明(アンザイ ヒデアキ)
1956年東京生まれ。1981年(財)日本野鳥の会ウトナイ湖サンクチュアリ初代レンジャーとして着任後、野鳥や自然観察、環境教育などにたずさわる。現在、(公財)日本野鳥の会理事・主席研究員、(社)日本環境教育フォーラム理事など、解説を担当した野鳥図鑑は45万部以上の発行、NHKラジオ『季節の野鳥』の解説役をおよそ20年間続けた。著書に『新・山野の鳥』、『新・水辺の鳥』、『バードウォッチング案内人の手引き』、『見る読むわかる野鳥図鑑』((財)日本野鳥の会)、『スズメの少子化、カラスのいじめ』(ソフトバンク新書)、『野鳥eco図鑑』(東洋館出版)、『「春の野鳥」を見に行こう!』(講談社)など。