覇権の世界史

  • 宮崎 正勝(元北海道教育大学教授)
講師詳細

昨今の世界は、東アジア情勢を中心に複雑さを増しています。世界史の過程では様々な覇権争いが繰り返されてきましたが、本講座では、5000年に及ぶ世界史を陸・海・空の3段階に分け、モンゴル帝国やドイツ、ロシア、中国などを陸の覇権国、イギリスを海の覇権国、アメリカを空の覇権国として大きく位置づけて、地理的拡大と覇権争いを軸にして、世界史を分かり易く概観することを目指しています。講師の著作、『覇権の世界史』をテキストにして、話を進めます。(講師・記)*2020年7月開講。1年で学びます。途中受講歓迎です。

【各回のテーマ】

第7回:オランダ、イギリスとスペイン・フランスの覇権争い
第8回:アジアの4大帝国とヨーロッパの対決
第9回:環大西洋革命と産業革命とイギリスの覇権
第10回:ドイツとイギリスの覇権争いと第一次世界大戦
第11回:太平洋戦争での覇権取りとアメリカの戦後体制
第12回:アメリカの空の覇権とソ連、中国の挑戦



この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

講師都合により、日程変更がありました。
1/22休講⇒7/23(祝)補講です。

日程
2021/2/26, 3/26, 4/23, 5/28, 6/25, 7/23
曜日・時間
第4週 金曜 13:00~14:45
回数
6回
受講料(税込)
会員 17,820円 
設備費(税込)
990円
持ち物など
■テキスト『覇権の世界史』(宮崎正勝著)河出書房新社 *各自ご用意ください。
■適宜、プリントを配布する予定です。

講師詳細

宮崎 正勝(ミヤザキ マサカツ)
1942年生まれ。東京教育大学文学部卒業。筑波大学付属高等学校教諭(世界史担当)筑波大講師などを経て北海道教育大学教授。NHK高等講座「世界史」常勤講師(1975-89)高等学校の学習指導要領の作成に携わり、現在は中央教育審議会専門部会委員。著書に『イスラム・ネットワーク』(講談社選書)『和の南海大遠征』『ジパング伝説』(中公選書)『海図の世界史』(新潮選書)『海からの世界史』『世界史の読み方』(角川選書)『グローバル時代の世界史の読み方』『黄金の島ジパング伝説』(吉川弘文館)『モノの世界史』『文明ネットワークの世界史』『ザビエルの海』『世界史の誕生とイスラーム』『風が変えた世界史』『北からの世界史―柔らかい黄金と北極海航路』(原書房)『知っておきたい「食」の世界史』『知っておきたい「酒の」世界史』(角川ソフィア文庫)『早わかり世界史』(日本実業出版社)ほか多数。