キリスト教の歴史と思想

  • 黒川知文講師
  • 黒川 知文(中央学院大学教授)
講師詳細

人類文明の根幹を成すキリスト教は、どのような思想で、どのように発展したのでしょうか。本講義では、キリスト教を歴史学と神学の観点から考察します。キリスト教的歴史観、マルクスとヴェーバーの歴史観を比較した後、前半は、宗教改革を中心に西欧におけるキリスト教、後半は国家と教会の関係からロシアにおけるキリスト教の歴史と思想を概説します。講義ではレジュメを配布し学術ビデオや歴史映画も上映します。初心者大歓迎。(講師・記) 

日程・テーマは変更になる場合があります。
【前半:7月~12月のカリキュラム】
回  テーマ
1.  キリスト教的歴史観 マルクスとウェーバーの歴史観 
2.  キリスト教神学:ローマ帝国におけるキリスト教の進展
3.  西欧中世とキリスト教 
4.  宗教改革の歴史的意義 
5.  英国国教会の成立とピューリタン革命
6.  信仰復興運動とアメリカ独立革命

【後半:カリキュラム】
回  テーマ
1.  フランス革命とロシア革命
2.  東方正教会神学:イコンの解釈
3.  ロシアにおけるキリスト教の受容と苦難
4.  教会の発展と分離派
5.  沈黙する教会 
 



この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

コロナ拡散防止対応のため日程変更がありました。
【休講】4月25日、5月23日、6月27日 ➡ 【補講】10月24日、11月28日、12月26日

日程
2020/7/25, 8/22, 9/26, 10/24, 11/28, 12/26
曜日・時間
第4 土曜 15:30~17:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 17,820円 
設備費(税込)
990円
持ち物など
教室にて、配布資料があります。

講師詳細

黒川 知文(クロカワ トモブミ)
香川県小豆島生まれ。一橋大学社会学研究科、イェール大学歴史学研究科、東京大学宗教学・宗教史学研究科の各博士課程にて研究。1995年文学博士(東京大学)授与。宗教史研究の第一人者。愛知教育大学、慶應義塾大学、東京外国語大学、東京大学で歴史を講じた。著書に『世界史への問い』(共著岩波書店、1990年)、『ロシア・キリスト教史』(教文館、1999年)、『一神教文明からの問いかけ―東大駒場連続講義―』(共著講談社、2012年)、『ロシア正教のイコン』(監修創元社、2011年)、『歴史観とキリスト教』(新教出版社 、2013年)『西洋史とキリスト教』(教文館、2016年)等多数。近著に『人々がつなぐ世界史』(共著ミネルヴァ書房、2019年)がある。中央学院大学現代教養学部教授、国立大学法人愛知教育大学名誉教授。