鎌倉時代の武士の生き方  1年で学ぶ

  • 本覚寺 写真提供:鎌倉観光協会
  • 今井 雅晴(筑波大学名誉教授)
講師詳細

鎌倉時代の武士はどのように生きたのでしょうか。彼らには現代とは異なる心情や生命力がありました。本講座では、幕府において執権北条氏に協力しつつも、時に争い、滅ぼされることもあった有力な武士たちを追っていきます。本講座では三浦半島を根拠地とした三浦氏一族を見ていきます。
 三浦氏は源頼朝の父義朝・兄義平を支えた有力な武士一族でした。彼らはその誇りをもって、主役の一人として幕府を支えましたが、やがて北条氏との長年の争いに敗れ、その家来分に落ちるに至りました。三浦氏は何を考えていたのでしょうか。またなぜ生き延びることができたのでしょうか。講師記)            
    

回 日程 テ  ー  マ
1 10/3 概説、三浦義明-源義朝・義平・頼朝を支えた老武将
2 10/17 三浦義澄の娘―北条泰時の妻 後年、三浦氏を救う
3 11/7  和田義盛―幕府侍所の別当、しかし古い武士で滅亡
4 11/21 三浦義村―承久の乱で弟を見捨て、北条義時に味方
5 12/5 三浦泰村―北条時頼の挑発を受け挙兵、滅ぼされる

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました

注意事項

教室変更がある場合があります。当日教室案内をご確認ください。

日程
2019/10/3, 10/17, 11/7, 11/21, 12/5
曜日・時間
第1・3 木曜 13:00~14:30
回数
5回
受講料(税込)
会員 14,850円 
持ち物など
☆教室で配布資料があります。
☆10月3日は組み込み講座と合同で行います。
その他
2019年10月3日開講の1年講座。3ヵ月ごとに申し込みを承ります。

講師詳細

今井 雅晴(イマイ マサハル)
1942年東京都生まれ。東京教育大学大学院博士課程修了。日本仏教史専攻。文学博士。現在、筑波大学名誉教授、真宗文化センター所長。親鸞とその家族の伝記、および浄土真宗の歴史の研究を行っている。著書に『親鸞と浄土真宗』『親鸞と恵信尼』『親鸞の家族と門弟』『茨城と親鸞』『親鸞の風景』など多数がある。