名曲でたどるベートーヴェンの生涯 1年で学ぶ

  • リンク通りのベートーヴェン広場
  • 平野昭講師
  • 平野 昭(音楽評論家)
講師詳細

モーツァルトが世を去ってほぼ1年、1792年11月にウィーンの音楽界に彗星のように現れたのがベートーヴェンであった。当時ヨーロッパ中に名の知れた大作曲家ハイドンに師事すべく生地ボンから移住してきた22歳のベートーヴェンは傑出したピアニスト作曲家として音楽愛好貴族界の寵児になってゆく。しかし、ウィーンの人々にとってその音楽は慣れ親しんできたモーツァルトやハイドンとは一味も二味も違った革新的前衛的作品として受け止められた。ナポレオン戦争とウィーン体制下に生きた芸術家の姿を探る。(講師記)

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2019/10/5, 11/2, 12/7, 1/18, 2/1, 3/14
曜日・時間
土曜 15:30~17:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 17,820円 
その他
☆日程にご注意ください。1月は18日(第3土曜)、3月は14日(第2土曜)に行います。

講師詳細

平野 昭(ヒラノ アキラ)
1949年横浜生まれ。武蔵野音楽大学大学院修了。静岡文化芸術大学名誉教授、沖縄県立芸術大学客員教授、桐朋学園大学特任教授。前慶應義塾大学文学部教授。18~19世紀の西洋音楽史研究。特にドイツ語圏の作曲家作品研究が専門領域。とりわけベートーヴェンの全作品の分析的研究。『ベートーヴェン』(新潮社)、『人と作品:ベートーヴェン』(音楽之友社)、『音楽キーワード事典』(春秋社)、『ベートーヴェン事典』(東京書籍・共著)、『ベートーヴェン大事典』(平凡社・監修と共訳)等。音楽評論家として放送出演や「毎日新聞」等執筆。