茶の世界
  • 教室開催

  • 藤谷 宗等(裏千家業躰部)
講師詳細

四季のある日本。花鳥風月を賞でる心とその中で育まれた茶道。ともすれば点前本位になりがちな現在の茶道にあって、先人達が茶の道に何を求めてきたか。また、皆さんがこれから茶道を修道していくうえで精神的、技術的にどう解釈し、実践するのかをともに考えていこうという講座です。お点前以外の水屋仕事、茶花、灰などを題材として扱いますので、お気軽にお越しください。(講師記)

<各回のテーマ>
・7月 「盛夏の茶趣」
・8月 「遠山灰の作り方」
・9月 「秋の茶趣」


◆◆日曜の受付窓口営業について◆◆
2020年10月より、日曜の受付窓口営業日は開講前月末2回と開講月初め2回のみとさせていただきます。お手続きの際はご注意ください。
WEBサイトからのお申し込みはいつでも承っておりますので、ぜひ、ご利用ください。

申し訳ありませんが、この講座は満席です。キャンセル待ちをご希望の場合は、恐れ入りますが、当教室にお電話にてご連絡ください。

この講座は終了しました

注意事項

・本講座は、開講当日の窓口申し込みを承っておりません。
WEBサイトからお手続きいただくか、開講1週間前までにお電話でご予約の上、コンビニエンスストアでお支払いください。

日程
2021/7/18, 8/29, 9/19
曜日・時間
第3週 日曜 15:00~16:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 15,180円 一般 18,480円
設備費(税込)
495円
持ち物など
【各自準備】扇子、懐紙、楊枝、筆記用具、洋服の方は白い靴下。
※受講料に水屋料を含みます。
その他
※8/15はお休み、8/29に授業があります。

講師詳細

藤谷 宗等(フジタニ ソウトウ)
1959年生まれ。学生時代に裏千家茶道を志し1981年裏千家茶道専門学校卒業。現在裏千家今日庵東京出張所に勤める。