イタリア映画の今 ガッローネの世界
  • 教室開催

  • 押場 靖志(学習院大学講師)
講師詳細

 イタリア映画の今をご紹介する講座です。今回とりあげるのはマッテオ・ガッローネ。印象的だったのはナポリの犯罪組織カモッラを描いた『ゴモラ』(2008)。カンヌ国際映画祭グランプリを受賞し、日本でも話題になりました。つづいて、テレビのリアリティショーを描く『リアリティ』(2012)でもカンヌのグランプリを獲得。国際的な配役のダークファンタジー『五日物語 -3つの王国と3人の女-』(2015)や、カンヌの主演男優賞を受賞した『ドックマン』(2018)、そして『ほんとうのピノッキオ』(2019)など、次々と話題作を発表してきました。そんなガッローネの世界を、みなさんと読み取ってみようと思います。(講師記) 

押場 靖志氏ブログ:雲の中の散歩のように
http://hgkmsn.hatenablog.com

お申し込み
日程
2023/3/25
曜日・時間
土曜 15:30~17:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,333円 一般 4,433円
設備費(税込)
165円
持ち物など
★講座の資料は教室で配布いたします。  
その他
★この講座の受講料には音楽使用料が含まれています。

講師詳細

押場 靖志(オシバ ヤスジ)
東京外国語大学イタリア語学科卒。同大学院を修了。「NHKテレビ・イタリア語会話」元講師。現在、学習院大学、法政大学などで講師を務める。訳書に『F・フェリーニ、映画と人生』(白水社)などがある。講師ブログ:雲の中の散歩のように http://hgkmsn.hatenablog.com