転ばぬ先の筋肉体操

  • 和田 英治(東京医科大学助教)
講師詳細

 転んで骨折した、という話をよく耳にしますが、なぜ年齢を重ねると転びやすくなるのでしょうか。この講座では、筋肉のしくみや筋肉や骨を丈夫にする食事などの解説も交え、自宅で椅子に腰かけた状態や、布団の上でもできるストレッチやトレーニングを紹介します。筋肉や骨は、いくつになっても変わります。正しい筋肉の動かし方を理解して体幹を整え、効率の良い筋力アップをめざしましょう。

■服装  動きやすい服装でご参加ください。更衣室があります。
履物は、トレーニングシューズ、ダンスシューズなど、すべりにくい上履きをお持ちの方は、お持ちください。素足か靴下でも結構です。

お申し込み
日程
2020/2/29
曜日・時間
土曜 13:40~15:10
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,190円 一般 3,850円
持ち物など
服装 : 動きやすい服装でご参加ください。更衣室があります。
履物は、トレーニングシューズ、ダンスシューズなど、すべりにくい上履きをお持ちの方は、お持ちください。素足か靴下でも結構です。
・更衣室は13号室内、又は、女性は8号教室横、男性は8号教室裏をご使用ください。
その他
「冬の講座案内」(冊子パンフレット)に掲載されていない講座です。

講師詳細

和田 英治(ワダ エイジ)
 鹿児島県鹿屋市出身。東京医科大学医学部病態生理学分野助教。オレゴン州立大学スポーツ科学専攻卒業。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。学術博士。東京大学大学院一高賞受賞(2015年)、広域科学専攻奨励賞受賞(2012年)。専門は、骨格筋に関する幅広い領域(筋生理学、筋病理学、運動生理学、トレーニング科学)。大学時代には子供たちに対するフィジカルトレーニングとスポーツ心理学を学び、NSCA-CSCSを取得。帰国後、小・中学生向けの専門的なフィジカルトレーニングを行うCASQスピードトレーニングスクールを開校(現在、スクールスペシャルアドバイザー)。大学院在籍中から筋疾患研究に携わり骨格筋に対する理解を深め、現在も筋疾患の病態解明と治療法の開発を行っている。自らも筋力トレーニングを欠かさない。