最先端理論で挑む宇宙 
  • 教室・オンライン同時開催

  • 渦巻銀河NGC 1097 Credit: ESO
  • 野村 英子(国立天文台科学研究部教授)
  • 生駒 大洋(国立天文台科学研究部教授)
  • 服部 公平(国立天文台・統計数理研究所助教)
  • 白崎 正人(国立天文台・統計数理研究所助教)
  • 川島 朋尚(東京大学宇宙線研究所ICRRフェロー)
  • 西村 信哉(理化学研究所研究員)
全ての講師
講師詳細

理論天文学は、望遠鏡などを使って宇宙を観測する「観測天文学」と並んで、人類が宇宙の仕組みを理解するために欠かせない研究手段です。宇宙全体や銀河の進化、惑星の誕生など、人間とは時間スケールが大きく異なる宇宙のダイナミックな動きを明らかにしたり、星の中での元素合成やブラックホールの近傍など、直接見ることが難しい場所で起きていることを予測したりできるのも、理論天文学の特徴です。今回は、そんな理論天文学の最前線をわかりやすくご紹介します。<監修:国立天文台:平松正顕・記>

1/15 惑星系の物質の起源  国立天文台科学研究部教授  野村英子
1/29 太陽系外の別世界  国立天文台科学研究部教授  生駒大洋
2/5 人類の住む天の川銀河の歴史  国立天文台/統計数理研究所助教 服部公平
2/19 宇宙の大規模構造  国立天文台/統計数理研究所助教 白崎正人
3/5 ブラックホールの光と影  東京大学宇宙線研究所ICRRフェロー 川島朋尚
3/19 星の錬金術:天体観測・加速器実験・スパコンで解明する元素の起源  理化学研究所研究員 西村信哉

*各回のテーマは予定です。状況により、変更になる可能性もあります。


〈ご案内事項〉
・本講座は教室でも、オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやタブレット、スマートフォンでも配信を見ることができます。
・本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は yk9yokohama@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日前日まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はyk9yokohama@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。





この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

・本講座はZoomウェビナーを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です。
※講師は教室で講義する予定ですが、状況に応じてオンライン登壇の可能性があります。
・開講日の前日夜までにメール登録のある受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 yk9yokohama@asahiculture.com までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2022/1/15, 1/29, 2/5, 2/19, 3/5, 3/19
曜日・時間
土曜 13:00~14:45
回数
6回
受講料(税込)
会員 17,820円 
設備費(税込)
990円
その他
■講師の都合により、日程を変更する場合がございます。予めご了承ください。

講師詳細

野村 英子(ノムラ ヒデコ)
1996年京都大学理学部卒。京都大学大学院理学研究科修了。博士(理学)。英国・マンチェスター理工科大学、クイーンズ大学ベルファスト研究員、京都大学大学院理学研究科助教、東京工業大学理学院准教授を経て、国立天文台科学研究部教授。専門は理論天文学。惑星形成領域の物理・化学構造モデルの構築と電波・赤外線天文観測により、惑星形成過程とそれに伴う物質進化に関する研究を行っている。
生駒 大洋(イコマ マサヒロ)
東京工業大学理学部卒、東京工業大学大学院理工学研究科修了。博士(理学)。東京工業大学大学院理工学研究科助教、東京大学大学院理学系研究科准教授を経て、現在、国立天文台科学研究部教授。専門は系外惑星科学。惑星形成・進化、大気、内部構造、気候など総合的な理解を目指している。
服部 公平(ハットリ コウヘイ)
東京大学理学部卒。東京大学大学院理学系研究科修了。博士(理学)。日本学術振興会海外特別研究員(英国ケンブリッジ大学)、米国ミシガン大学、米国カーネギーメロン大学を経て、国立天文台研究力強化戦略室および統計数理研究所統計思考院 助教。主に天の川銀河の構造と歴史を理論モデル・人工衛星の観測データの比較を通じて研究している。
白崎 正人(シラサキ マサト)
1987年生まれ。東京大学大学院理学系研究科修了。博士(理学)。日本学術振興会特別研究員、国立天文台特任助教を経て、2020年10月より国立天文台助教。専門は観測的宇宙論、宇宙の大規模構造。観測データと数値シミュレーションを使って、我々の宇宙の組成や膨張の歴史を研究している。特に最近は光では観測できない謎の物質「暗黒物質」の性質の解明を目指し、深層学習という最先端のデータ科学の手法を使った研究も推進している。
川島 朋尚(カワシマ トモヒサ)
1982年、栃木県生まれ。千葉大学大学院理学研究科基盤理学専攻博士課程修了。博士(理学)。カリフォルニア大学サンタバーバラ校、上海天文台、国立天文台の研究員・特任助教を経て、2020年より現職。専門はブラックホールや中性子星の降着流・噴出流の数値シミュレーション。最近は特にブラックホールの観測的特徴を計算してブラックホールの質量やスピン、相対論的ジェット噴出機構に迫る研究を行っており、スーパーコンピュータ富岳や国際共同研究プロジェクトであるイベント・ホライズン・テレスコープにも携わっている。
西村 信哉(ニシムラ ノブヤ)
1980年生まれ。九州大学理学部卒。2009年、九州大学大学院理学府基礎粒子系科学専攻修了。博士(理学)。日本学術振興会特別研究員、国立天文台、バーゼル大学(スイス)、キール大学(英国)、京都大学基礎物理学研究所を経て、現職。理化学研究所仁科加速器科学センター(兼務)。専門は天体核物理の理論的な研究。宇宙における元素の進化史に興味があり、星の進化から超新星爆発、さらに中性子星やブラックホールなどが関わる天体現象を主な研究対象にしている。