【教室受講】シェイクスピアはここにいる ヘンリー六世
  • 教室開催

  • 「ヘンリー六世 全三部」ちくま文庫「シェイクスピア全集」より
  • 松岡和子さん
  • 松岡 和子(翻訳家)
講師詳細

シェイクスピアの戯曲37作品すべてを翻訳した講師とともに、作品のひとつひとつを振り返るシリーズです。
 「訳し終えたからこそ、気づかされたことや、シェイクスピアに教えられたことがたくさんある。」と松岡さんは語ります。さあ、ご一緒に、シェイクスピアの旅へ出かけましょう!
今期は、初期の歴史劇「ヘンリー六世」第1部から第3部までを、1回ずつ取り上げます。

◆この講座では、作品のあらすじや登場人物など基本的なお話はありません。
事前に、戯曲を読んだり、映像などで作品を見るなどしてからご参加されると、より講座を楽しめるでしょう。

≪参考書≫
ちくま文庫シェイクスピア全集(松岡和子訳)「ヘンリー六世」

◆松岡和子先生の個人全訳による「シェイクスピア全集」特設ページ
https://www.chikumashobo.co.jp/special/shakespeare_zensyu/

◆講座はZoomウェビナーを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)
教室で受講される方も含め、メール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

◆◆本ページは【教室で受講される方専用】のお申し込みページです。
オンライン受講の方はこちら⇒https://www.asahiculture.jp/course/yokohama/608b26e6-1695-a9bd-e460-618f68730ecc


〈ご案内事項〉
●本講座は教室でも、オンラインでも受講できる、ハイブリッド講座です(講師は教室)。オンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使用し、パソコンやタブレット、スマートフォンなどで配信を見ることができます。受講者側のお名前や映像、音声は配信されません。
●本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました

注意事項

◆本ページは教室で受講される方専用のお申し込みページです。

◆講座はZoomウェビナーを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。
教室で受講される方も含め、メール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2022/1/22, 2/26, 3/26
曜日・時間
第4 土曜 13:00~14:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,900円 
設備費(税込)
495円
持ち物など
≪参考書≫
ちくま文庫シェイクスピア全集(松岡和子訳)「ヘンリー六世」

講師詳細

松岡 和子(マツオカ カズコ)
翻訳家・演劇評論家・東京医科歯科大学名誉教授。1942年旧満州新京(長春)生まれ。東京女子大学英米文学科卒業。東京大学大学院修士課程修了。専攻は17世紀イギリス演劇。発足当初の現代演劇協会(付属劇団雲)文芸部研究生、『罪と罰』(演出・福田恆存)『黄金の国』(演出・芥川比呂志)の公演には演出助手として参加。1982年東京医科歯科大学(教養部)助教授、1986年から1997年3月まで教授。
主な著書は『ドラマ仕掛けの空間』(創樹社)、『すべての季節のシェイクスピア』(筑摩書房)、河合隼雄氏との対談集『快読シェイクスピア』(ちくま文庫)、『「もの」で読む入門シェイクスピア』(ちくま文庫)、『深読みシェイクスピア』(新潮文庫)など。訳書は『ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ』『クラウド9』など多数。
平成5年より、シェイクスピアの全戯曲の翻訳に取り組み、2021年5月に『終わりよければすべてよし』がちくま文庫から刊行され、訳了。坪内逍遥、小田島雄志に次ぎ3人目、女性でははじめての偉業を成し遂げ、2021年度は朝日賞、毎日文化出版賞、菊池寛賞ほかを受賞。そのほか1995年第2回湯浅芳子賞受賞(海外戯曲翻訳部門)。日本シェイクスピア協会会員、国際演劇評論家協会会員。第21期、22期 国語審議会委員。2008年度まで文化庁文化審議会委員。