南米コロンビアの珍しい植物たち

  • エスペレティア(キク科)
  • 湯浅 浩史((一財)進化生物学研究所理事長)
講師詳細

コロンビアはカリブ海からアマゾンにいたる広大な面積をもち、中央部3000mあたりには高山性荒原のパラモが展開し、針葉樹のようなオトギリソウ科やエスペレティアというキク科の白い巨草が群生、特有の景観がみられます。アマゾン流域では水没林や歩くヤシと呼ばれるソクラテアなど奇妙な生態の植物、健康食品として人気の高いアサイヤシや日本では知られていないさまざまな果物、呪術用の植物、また、カリブの巨木など紹介します。(講師・記)

お申し込み
日程
2019/8/31
曜日・時間
土曜 13:00~14:45
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,240円 一般 3,888円

講師詳細

湯浅 浩史(ユアサ ヒロシ)
一般財団法人 進化生物学研究所理事長・所長
1940年神戸市生まれ。兵庫農科大学(現神戸大)卒業。東京農業大学大学院博士課程修了。農学博士。元東京農大農学部バイオセラピー学科教授、一般財団法人 進化生物学研究所理事長・所長、生き物文化誌学会前会長。朝日新聞に連載された『花おりおり』の著者として親しまれている。著書として他に『世界の不思議な植物』『世界の不思議な花と果実』『世界の葉と根の不思議』誠文堂新光社、『植物からの警告』ちくま新書、『植物ごよみ』朝日選書、『ヒョウタン文化誌』岩波新書、など多数。