モムゼン「ローマの歴史」を読む

  • 前田 耕作(東京藝術大学客員教授)
講師詳細

テオドール・モムゼンは1817年11月30日、当時デンマーク領であったシュレスヴィヒ村、ガルディングに生まれた。そのころ若きモムゼンの心を捉えいてたゲーテはなお健在であった。郷里の大学キールで法学を学びながら次第にローマに惹きつけられてゆく。1844年、ついにアルプスを越え、永遠の都ローマを訪れた。ゲーテのミニョンの歌の一節が思わずこぼれ出たことであろう。長く懐胎してきた
『ローマの歴史』が産み出されたのは1854年のことであった。ノーベル文学賞に輝いたこの傑作を邦訳のI・II巻まで読もうという試みである。多くの方々の参加を待っています。(講師記)

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

受付一時中止

注意事項

日程が変更になりました、3月3日は休講です。

日程
2020/1/7, 1/21, 2/4, 2/18, 3/17, 4/7
曜日・時間
第1・3 火曜 13:00~15:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 17,820円 
持ち物など
■参考図書 モムゼン「ローマの歴史1」(名古屋大学出版会)6,600円
※テキストご希望の方は、各自お買い求めください。052-781-5353 名古屋大学出版会
その他
★講師都合により日程が変更になることがありますので、ご了承ください。


講師詳細

前田 耕作(マエダ コウサク)
1933年生まれ。名古屋大卒。東京藝術大学客員教授。専攻はユーラシア文化史。1964年名古屋大学アフガニスタン学術調査団に参加、以後数回にわたり、アフガニスタンの仏教遺跡の調査に従事。著書に『巨像の風景』(中公新書)、『バクトリア王国の興亡』(レグルス文庫)、『宗祖 ゾロアスター』(ちくま新書)、『ディアナの森』(せりか書房)、『アフガニスタンの仏教遺跡 バーミヤン』(晶文社)、『アフガニスタンを想う』(明石書店)、『玄奘三蔵、シルクロードを行く』(岩波新書)、『パラムナード』(せりか書房)ほか多数。