横浜開港と明治維新史を読み解く

  • 明治時代の横浜本町通り(横浜開港資料館蔵)
  • 西川 武臣(横浜開港資料館館長)
講師詳細

日本の近代化や国際化のきっかけとなったペリー来航、通商条約の締結、横浜開港、明治維新と文明開化の歴史を紹介する。19世紀後半の日本は新たな社会体制を作り上げようとしていたが、講座では、急激に変化する政治や外交のあり方、外国人と日本人との交流、近代化の中での人々の暮らしや意識の変容を残された資料から読み解いていく。テキストは毎回講師が用意し、時には古文書、古写真、古地図・錦絵・新聞などの原物や複製を持参し、歴史資料が持つ迫力にも触れてみたい。今期の前半の講義では、旗本酒依氏の幕末の日記を題材に、幕府が倒壊する過程での旗本の姿を紹介します。また、後半の講義では明治初年に横浜で刊行された「仮名読新聞」を題材に、近代化が進む横浜での庶民の姿を紹介していきます。(講師記)*2007年4月開講。途中受講歓迎です。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました
日程
2020/1/20, 2/3, 2/17, 3/2, 3/16
曜日・時間
第1・3・5 月曜 15:00~17:00
回数
5回
受講料(税込)
会員 14,850円 
その他
★2/17(月)はルミネ休館日ですが朝日カルチャーセンターは営業しています。世界堂側のエレベーターをご利用ください。

講師詳細

西川 武臣(ニシカワ タケオミ)
愛知県生まれ。明治大学大学院博士前期課程修了。博士(史学)。現在、横浜開港資料館館長。専門は日本近世史。著書に、『横浜開港と交通の近代化-蒸気船・鉄道・馬車をめぐって』日本経済評論社、『幕末明治の国際市場と日本ー生糸貿易と横浜』雄山閣、『ペリー来航』中公新書など。