東アジアの歴史から考える日本の近代 日本と朝鮮①

  • 伊藤博文と大韓帝国最後の皇太子だった李垠
  • 加藤聖文講師
  • 加藤 聖文(国文学研究資料館准教授)
講師詳細

 日本の近代は東アジアの近代史でもあります。本講座は日本の近代史を東アジアの歴史として考えるための視座を持つことを目的とします。第1期から第2期にかけては、日本と朝鮮との歴史的関係を取り上げます。第1期は、明治維新から韓国併合までの歴史。内政改革をめぐる朝鮮王朝内部の権力闘争と清国・ロシアの介入が複雑に絡み合うなかで、当初は対等であった日朝関係が次第に不平等な関係になり、最終的には朝鮮が植民地化される流れを検証していきます。

回   各 回 の テ ー マ
1 明治維新と日本の朝鮮認識
2 朝鮮内政改革と日朝修好条規
3 清国の介入と日清戦争
4 抵抗する大韓帝国とロシアの影
5 日露戦争と韓国の運命
6 韓国併合への道


全テーマ予定 全4期で完結予定です。 ※新型コロナにより当初発表より開始が遅れています。

第1期(2020年7~9月)
日本と朝鮮①

第2期(10月~12月)
日本と朝鮮②

第3期(2021年1~3月)
日本と中国①

第4期(4月~6月)
日本と中国②

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。
申し訳ありませんが、この講座は満席です。キャンセル待ちをご希望の場合は、恐れ入りますが、当教室にお電話にてご連絡ください。

満席になりました

注意事項

2020年4月開講予定でしたが、新型コロナの影響で7月スタートになりました。
4/8、4/22、5/13、5/27、6/10、6/24休講 ➡ 7/8、7/22、7/29、8/26、9/9、9/23補講

※日程は予定です。新型コロナの状況次第で変更の場合があります。

日程
2020/7/8, 7/22, 7/29, 8/26, 9/9, 9/23
曜日・時間
指定の 水曜 10:30~12:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 17,820円 
設備費(税込)
990円
持ち物など
必要なレジュメは当日教室にて配布します。
※参考書・・・佐藤・五味・高埜・鳥海編『詳説日本史研究』(新版)(山川出版社)

講師詳細

加藤 聖文(カトウ キヨフミ)
1966年愛知県生まれ。2001年早稲田大学大学院文学研究科史学(日本史)専攻博士後期課程修了。現在、人間文化研究機構国文学研究資料館准教授。専攻は日本近現代史、東アジア国際関係史、アーカイブズ学。主な著書に、『「大日本帝国」崩壊』(中公新書)、『満蒙開拓団』(岩波現代全書)、『国民国家と戦争 挫折の日本近代史』(角川選書)、『満鉄全史』 (講談社学術文庫)ほか。