異文化との交錯と共存  静謐なる「北スペイン」を往く

  • 聖フランシスコ・ザビエルの生誕地「ハビエル城」(スペイン・ナバーラ州ハビエル)
  • 「歓喜の丘」の巡礼像。大聖堂のゴールまで約5キロの地点。(スペイン/モンテ・デル・ゴソ)
  • 久田 博幸(写真家)
講師詳細

イベリア半島の大半を占めるスペインは民族・宗教の万華鏡とも言えます。北西部のガリシアや北東部のバスク、さらに地中海沿岸のカタルーニャは独自の文化が今も息づいています。
キリスト教徒は711年のイスラム教徒侵入後、約800年に及ぶレコンキスタ(国土回復運動)
に1492年勝利しました。この年にスペインで起きた4つの歴史的事件とは? サンチャゴ巡礼路の街を巡り、ロマネスク美術、ピカソとゲルニカ、イエズス会の先鋒を担ったザビエルの故郷、彼の日本布教と意外な受容史などを写真と音楽で紹介します。(講師記)

※久田博幸氏ホームページ http://www.hisada-gati.co.jp/

この講座は終了しました
日程
2020/10/31
曜日・時間
土曜 15:30~17:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円
設備費(税込)
165円
持ち物など
<テキスト>資料は教室で配布します。

講師詳細

久田 博幸(ヒサダ ヒロユキ)
1948年福岡県生まれ。日大芸術学部美術学科グラフィックデザイン科卒。写真家、グラフィック・デザイナー、エッセイスト。社会環境学会会員。主著・作品集に『写真集 GATI チベット文化圏』(藤原書店)、「歴史と民族への旅/グルジア・アルメニア・エチオピア・イエメン・アイルランド」(『歴史と旅』秋田書店)。共著に『新・古代出雲史 増補新版』(藤原書店)『古代農民忍羽を訪ねて』『古代出雲への旅』(中公新書)。装幀デザインにトルコのノーベル賞作家・オルハン・パムク『わたしの名は紅(あか)』ほか多数。