• トライアル可

プルースト原典講読Ⅱ 「囚われの女」

  • 菅沼 潤(慶応義塾大学講師)
講師詳細

 「失われた時を求めて」の第五篇「囚われの女」を原書で読み進めます。主人公のアルベルチーヌとの同棲生活が語られる一方、彼の芸術思想が深まっていきます。(講師記)
★フランス語のレベルは大学の教養課程程度。

★菅沼講師の「プルースト原典講読Ⅰ―ソドムとゴモラ」、「時間と記憶―プルーストの文学理論」の講座もあります。

★この講座をはじめてご受講される方へ★
お申し込みの前に、電話(045-453-1122)またはメールでお問合せください。
講座の進め方やテキストの進捗状況、学習レベルの状況などについてお知らせいたします。
メールでのお問い合わせはこちらから。
http://www.asahiculture.jp/yokohama/form_gaikokugo

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2019/10/15, 10/29, 11/5, 11/19, 12/3, 12/17, 1/7
曜日・時間
第1・3・5 火曜 15:20~16:50
回数
7回
受講料(税込)
会員 24,640円 
持ち物など
<テキスト>
★指定の教材を(有料)を使用します。教材カウンターでお求めください。

講師詳細

菅沼 潤(スガヌマ ジュン)
京都大学文学部卒。慶應義塾大学文学部修士課程修了。パリ第四大学に留学。翻訳書に、ル=ゴフ『ヨーロッパは中世に誕生したのか?』(2014年、藤原書店)、『時代区分は本当に必要か?』(2016年、藤原書店)など。