考古学で探る古代豪族の実像と虚像 オンライン講座

  • 蛇塚古墳の石室(講師撮影)
  • 今尾 文昭(関西大学講師)
講師詳細

 東漢氏は大和の飛鳥で活躍した。一方、京都の太秦に足跡を遺した渡来系の古代豪族が秦氏である。近畿最後の前方後円墳とみられる蛇塚古墳は、長さ約18mの巨石を用いた横穴式石室を備え、住宅街のなかで忽然と姿を現わす。石舞台古墳と比べても遜色のない規模を持つ。秦氏はまた大堰川(桂川)の治水事業にも関与した可能性もある。今回は、嵯峨野の古墳群と共に秦氏の足跡をたどり、その実像と虚像について考えます。 (講師記)

※ テーマは変更になる場合もございます。どうぞご了承ください。

<注意事項>
●本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。簡単にアクセスでき、パソコンやタブレット、スマートフォンで視聴できます。受講者の皆様のお名前や映像、音声は配信されません。
●オンライン講座の申し込み方法はWEB決済のみです。申し込みは開講日の3日前まで承ります。なお、定員になり次第受付は締め切らせていただきます。キャンセルは初回の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はyk9yokohama@asahiculture.com
までご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。
●開講日の1~2日前に受講者の皆様に受講のご案内および講座視聴URLとパスワードをメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は yk9gaikokugo@asahiculture.com
までお問合せください。携帯アドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)は届かないことが多いため、Gmailなどのフリーメールかパソコンのメールアドレス推奨です。
●ソフトウェアを最新版にアップデートの上ご覧ください。
●ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
●第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。

申し訳ありませんが、こちらの講座はホームページからのお申し込みはできません。恐れ入りますが、当教室にお問い合わせください。

この講座は終了しました

注意事項

●こちらはオンライン受講専用です。教室でのご受講希望の方はこちら→
●本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンライン講座です。開講日の1~2日前に受講者の皆様に受講のご案内および講座視聴URLとパスワードをメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 yk9yokohama@asahiculture.comまでお問合せください。携帯アドレスは届かないことが多いため、Gmailなどのフリーメールかパソコンのメールアドレス推奨です。
●ソフトウェアを最新版にアップデートの上ご覧ください。

日程
2021/5/28
曜日・時間
金曜 13:15~16:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 7,040円 一般 7,040円
設備費(税込)
-
持ち物など
講義の途中、10~15分程度の休憩があります。

講師詳細

今尾 文昭(イマオ フミアキ)
1955年生。同志社大学文学部卒業。78年奈良県立橿原考古学研究所入所。同研究所附属博物館学芸課長、同研究所調査課長を歴任。2016年定年退職。現在、関西大学非常勤講師。博士(文学)。日本考古学。著書に『古墳文化の成立と社会』 『律令期陵墓の成立と都城』『ヤマト政権の一大勢力 佐紀古墳群』など。