変形性膝関節症の予防 

  • 園部 俊晴(理学療法士)
講師詳細

変形性膝関節症は、その数が2400万人と言われるほど非常に多い病気で、特に女性に多いのが特徴です。加齢に伴い、膝の軟骨が摩耗することによって生じる病気ですが、痛みの原因は決して軟骨だけではありません。様々な痛みの原因を知った上で、「何を予防すればよいのか」「どうしたら痛みを少なくできるのか」「生活で何を気をつければ良いのか」などを知っておくことは、中高年以降のすべての人に役立つ知識になると思います。
長年にわたり、リハビリの現場でこの病気を診てきた立場で、お話しさせていただきます。
そして、参加された人の健康寿命に大きく寄与できれば、とても嬉しく思います。お気軽にご参加頂ければと思います。(講師・記)

講座では、講義のほか予防のための簡単な運動の指導もあります。
膝の出せる動きやすい服装(スカート不可)でご参加ください。更衣室もご利用いただけます。

お申し込み
日程
2019/10/31
曜日・時間
木曜 13:00~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,850円 一般 4,510円
持ち物など
講座では、講義のほか簡単な運動の指導があります。膝の出せる動きやすい服装(スカート不可)でご参加ください。更衣室もご利用いただけます。

講師詳細

園部 俊晴(ソノベ トシハル)
理学療法士。2017年4月より園部コンディショニングルーム施設長。足・膝・股関節など、整形外科領域の下肢障害の治療を専門としている。故、入谷誠の一番弟子。一般からスポーツ選手まで幅広く支持され、Jリーグ、プロ野球、陸上、プロバスケットなどの一流アスリートや著名人などの治療も多く手掛ける。からだの使い方(運動連鎖)や歩行に関する研究および文献多数。「スポーツ外傷・障害の術後のリハビリテーション」「医療従事者のための効果的な文章の書き方」など著書多数。新聞、雑誌、テレビなどのメディアにも多く取り上げられる。また、治療概念は、専門家からの評価も高く全国各地で講演活動を行う。新刊「健康寿命を10年延ばすからだのつくり方」2017年2月運動と医学の出版社より発売。