仏像と仏教美術の流れをたどる 平安時代の仏教美術

  • 海住山寺
  • 金子 典正(京都芸術大学教授)
講師詳細

仏像の悠久の歴史について学びます。毎回プロジェクターを使って仏像を詳しくご紹介し、プリントを配布して丁寧に解説します。楽しみながら仏像について学んでください。
今期は平安時代前期から後期にかけての仏像と仏教美術について学びます。はじめに海住山寺の歴史と仏像、続いて岩船寺の阿弥陀如来像について、禅定寺の十一面観音像、壬生寺の地蔵菩薩像、鞍馬寺の毘沙門天像、青蓮院の青不動を取りあげます。毎回わかりやすく丁寧に解説します。(講師・記)

※2015年10月期より開講。

今期のテーマ
第1回 海住山寺の歴史と仏像
第2回 岩船寺の歴史と阿弥陀如来像
第3回 禅定寺の歴史と十一面観音像
第4回 壬生寺の歴史と地蔵菩薩像
第5回 鞍馬寺の歴史と毘沙門天像
第6回 青蓮院の歴史と不動明王二童子像(青不動)

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。
この講座は新規の方の定員が満席です。前期からひき続き受講されている方のみお申し込みできます。

残席わずか
日程
2021/4/5, 4/19, 5/17, 5/31, 6/7, 6/21
曜日・時間
第1・3・5 月曜 10:30~12:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 17,820円 
設備費(税込)
990円

講師詳細

金子 典正(カネコ ノリマサ)
1966年生まれ。博士(文学)。早稲田大学大学院博士課程修了。仏教美術史・東洋美術史専攻。同大学文学部助手、講師、准教授を経て現職。論文・研究に「唐招提寺『金亀舎利塔』について」「中国仏教初伝期に於ける仏像受容の実態に関する一考察」など多数。出版物に『芸術教養シリーズ3 中国の美術と工芸 アジアの芸術史 造形篇I』(藝術学舎、2013)ほか。