ヨーロッパ・ビザンツ・イスラーム 歴史の三重奏 第2回十字軍
  • 教室開催

  • シドンの海の城塞(現レバノン・サイダ)
  • 倉橋 良伸(電気通信大学講師)
講師詳細

ムスリム側にザンギーという英雄が現れると、キリスト教側はエデッサ伯国を奪われるなど劣勢に追い込まれます。これを見たローマ教皇エウゲニウス3世は新たな十字軍を企図して神聖ローマ皇帝やフランス王に参加を要請します。今回もコンスタンティノポリスを経由して中東を目指しますが、ムスリム側も失敗に多くを学んでいました。十字軍は惨敗を喫し、何とかエルサレムには到達するものの何の戦果も得られませんでした。
 そればかりか、ザンギーを凌駕する英雄サラディンが登場する舞台装置をムスリム側に与えることになります。十字軍はいよいよ危機的な状況を余儀なくされるのです。
 今回は周辺にも目を向けて、「プレスター・ジョン伝説」やスペインにおけるレコンキスタの進捗状況、そして、東欧に向けられた十字軍にも光を当てます。 (講師記)

                                              2021年4月開講。
 
回  日 程           テーマ
 1  10/5  教皇権のその後 神聖ローマ皇帝・フランス王との交流
 2  10/19 第2回十字軍の出立 強者どもの「取らぬ狸の皮算用」
 3  11/2  第2回十字軍の惨敗 息も絶え絶えにエルサレムへ
 4  11/16 大失敗がもたらしたもの 明暗分かれる西洋と中東
 5  11/30 プレスター・ジョン伝説 アフリカのキリスト教国
 6  12/7  ヒスパニアにおけるレコンキスタ(国土回復運動)
 7  12/21 北方十字軍 キリスト教圏の東方拡大                                          

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2022/10/5, 10/19, 11/2, 11/16, 11/30, 12/7, 12/21
曜日・時間
第1・3・5 水曜 10:30~12:15
回数
7回
受講料(税込)
会員 20,790円 
設備費(税込)
1,155円
その他
★授業は12時半ごろまで延長します。 
★教室を変更することがございますので、各日掲示板でご確認ください。

講師詳細

倉橋 良伸(クラハシ ヨシノブ)
1962年生まれ。上智大学大学院文学研究科史学専攻博士後期課程単位取得。専攻は、後期ローマ・初期ビザンツ帝国史。著書に『地中海世界史Ⅰ 古代地中海世界の統一と変容』、『歴史学の現在5 再生する終末思想』(以上共著・青木書店)、『古代地中海世界 古代ギリシア・ローマ史論集』(共著・清水弘文堂)、『彷徨-西洋中世世界』(共著・南窓社)、『躍動する古代ローマ世界』(編著・理想社)など。