出雲国風土記を読む

  • 平野 卓治(日本大学教授)
講師詳細

天平5年(733)に撰進された『出雲国風土記』には、出雲国の地理的情報とともに、地名の由来や各種の旧聞異事など、様々な記録や伝承が記載されていま す。それは、古代社会とそこに生きる人々の姿を語ってくれる歴史資料ともいえます。 この講座では、「記紀」(『古事記』『日本書紀』)など他の文献資 料、次々と発見される考古資料、比定地のフィールドワークの成果を交えつつ、『出雲国風土記』を冒頭から順に読み進めていきます。古代出雲の姿を知ること はもちろん、古代の人々の心性、古代国家・王権の支配システムや理念などにも迫っていきたいと思います。一緒に、古代出雲をめぐる旅に出かけてみませんか。(講師記)

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2019/8/26, 9/9, 9/23, 9/30
曜日・時間
第2・4 月曜 15:30~17:00
回数
4回
受講料(税込)
会員 11,664円 
持ち物など
【テキスト】荻原千鶴『出雲国風土記 全訳注』(講談社学術文庫 1999年) 定価 : 本体1,260円(税別)ISBN:978-4-06-159382-4は近隣書店でお買い求めください。
その他
※9月30日のみ講座時間が10:30~12:00に変更となります。

講師詳細

平野 卓治(ヒラノ タクジ)
國學院大學文學部史學科卒業。同大学院博士課程後期修了。現在、日本大学文理学部史学科教授。論著:共著『風土記の考古学3 出雲国風土記の巻』(同成社)、共著『列島の古代史1 古代史の舞台』(岩波書店)、「『出雲国風土記』写本に関する覚書」『古代文化研究』4,5(島根県古代文化センター)など。