• トライアル可

【WEB割】アガサ・クリスティのポワロ・シリーズを原書で読む

  • 小林 章夫(上智大学名誉教授)
講師詳細

ミステリの女王アガサ・クリスティの作品は、聖書、シェイクスピアの戯曲に次いで、これまで多くの人々に読まれてきました。この講座ではポワロ・シリーズの短編小説を中心に原語で読むことを目指します。クリスティの英語は概して簡潔明快で、原作を読むのもかなり楽です。ストーリーも面白いので、ぜひ原語に挑戦していただきたいと思います。もちろん部分的には講師が解説を加えますので、楽しく読むことを目指したいと思います。どうか恐れることなく参加してください。(講師記)

講師より受講生の方々へ
取り上げるテキストは短編で、英語は比較的やさしいと思いますので、作品を取り上げる授業までに読んでおいてください。細かい点にはあまりこだわらず、物語の流れを理解することが大事です。

*テキストは不要です。プリントを初回授業で配布します。

*各回の内容
①全体の構成及び授業の進め方 作品プリントを配布
②作品講読 The Affair at the Victory Ball
③The Jewel Robbery at the Grand Metropolitan
④The Plymouth Express
⑤The Chocolate Box
⑥The Case of the Missing Will

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。
申し訳ありませんが、この講座は満席です。キャンセル待ちをご希望の場合は、恐れ入りますが、当教室にお電話にてご連絡ください。

満席になりました
日程
2021/4/1, 4/15, 5/6, 5/20, 6/3, 6/17
曜日・時間
第1・3 木曜 13:30~15:00
回数
6回
受講料(税込)
会員 16,632円 
設備費(税込)
990円

講師詳細

小林 章夫(コバヤシ アキオ)
1949年東京生まれ。上智大学大学院文学研究科修了ののち、同志社女子大学教授、上智大学教授を経て現職。専攻はイギリス文学・文化。著書に『コーヒー・ハウス』『チャップ・ブックの世界』(講談社学術文庫)、『イギリス王室物語』(講談社現代新書)、『物語イギリス人』(文春新書)、『イギリス人は何にでも賭ける』(亜紀書房)『女王、エリザベスの治世 先進国の王政記』(角川書店)などがあり、訳書にパクスマン『前代未聞のイングランド』(筑摩書房)、チータム『「クマのプーさん」を英語で読み直す』(NHKブックス)、『リチューニング英語習得法』(筑摩新書)、『フランケンシュタイン』(光文社古典新訳文庫)など多数。