サンスクリット語で読む般若心経

  • 佐々木一憲講師
  • デーヴァナーガリー文字(イメージ)
  • 佐々木 一憲(立正大学講師)
講師詳細

サンスクリット語は、宗教、哲学、文学などで様々な分野で使われ、仏教やアジアの文化を知るために重要な言語です。 日本で一番有名な経典ともいわれる「般若心経」のサンスクリット原典を覗いてみたいと思います。
サンスクリットの文字表記にも使われるデーヴァナーガリー文字などにも触れ、サンスクリット語の魅力を紹介します。

お申し込み
日程
2021/9/26
曜日・時間
日曜 13:30~15:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円
設備費(税込)
165円

講師詳細

佐々木 一憲(ササキ カズノリ)
1973年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科アジア文化研究専攻インド文学・インド哲学・仏教学専門分野博士課程満期退学。専門は大乗仏教後期中観派の修道論、〈近代仏教学〉成立史、仏教伝播史。日本印度学仏教学会、日本チベット学会、仏教思想学会、仏教思想史学会、比較思想学会、東方学会、内陸アジア史学会などに所属。