自分らしく生きる フィンランド社会のひみつ

  • 堀内都喜子さん
  • 堀内 都喜子(ライター)
講師詳細

3年連続で幸福度世界一(2018~2020年発表)、30代の女性首相誕生など、人口550万人の小国ながら注目されることの多いフィンランド。ワークライフバランスを重視し、デジタル化やテレワークなど柔軟な働き方も以前から積極的に導入しています。今回、緊急事態宣言後は、すぐに全国で遠隔授業が始まり、6割がテレワークに移行しました(5月頭現在)。

この国は過去の歴史がそうだったように、今回も強みを大いに発揮しながら困難に立ち向かっています。授業では最新状況を交えながら、フィンランドの強みやフィンランド人の働き方・暮らしについてお話しします。(講師記)

※内容が若干変更となります。ご了承ください。

お申し込み
日程
2020/9/26
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 4,400円
設備費(税込)
165円

講師詳細

堀内 都喜子(ホリウチ トキコ)
長野県出身。大学卒業後、日本語教師などを経てフィンランドのユヴァスキュラ大学大学院に留学。コミュニケーションを専攻し修士号取得。帰国後は都内のフィンランド系機械メーカーに勤務する一方、ライター、通訳としても活動。2013年よりフィンランド大使館広報部でプロジェクトコーディネーターとして勤務。趣味はフルート、スポーツ観戦、料理。著書『フィンランド 豊かさのメソッド』(集英社新書)。『フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか』(ポプラ新書)、翻訳『チャーム・オブ・アイス~フィギュアスケートの魅力』(サンマーク出版)