漢詩実作

  • 窪寺 啓(東京都漢詩連盟名誉会長)
講師詳細

 この講座を担当して二十年余りになるが、その成果の集大成として、漢詩の最も一般的な形の七言絶句を完璧に作ることが出来るよう、更めて指導したい。
 現在、全国的漢詩コンクールに出品された作品を見ると、上手に作られたものは非常に少い。漢詩界にとって、正に危機的状況である。
 この状況を脱するため、一人でも多くの優れた漢詩人が誕生するよう手助けをしたい。 (講師記)

【2020年】詩題
※一月はお休みのためなし
二月:南窓曝背

三月以降は決定次第発表します。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み

注意事項

★5/22開講になりました。この日のみ通常より早い時間での開講ですのでご注意ください。

日程
2020/7/3, 8/7, 9/4
曜日・時間
金曜 11:00~12:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,240円 
設備費(税込)
495円
持ち物など
※【テキスト】『だれにもできる漢詩の作り方』(呂山太刀掛重男著・呂山詩書刊行会)2,100円。こちらで手配しますので、ご予約ください。"
※レベル等の詳細はお電話にてご相談ください。


講師詳細

窪寺 啓(クボテラ サトシ)
1932年生まれ。一橋大学法学部卒業。1959年から金子清超・二松学舎大学名誉教授のもとで漢詩を学ぶ。号は貫道。現在、二松詩文編集委員、全日本漢詩連盟相談役、東京都漢詩連盟名誉会長、湯島聖堂(公益財団法人)斯文会講師。著書に『同塵舎詩鈔』『同第二集』『同第三集』『同塵舎詩話』『同第二集』がある。