インドの弓奏楽器サーランギの音色を楽しむ
  • 教室開催

  • サーランギ 西沢信亮さん
  • タブラ 石田紫織さん
  • 西沢 信亮(サーランギ奏者)
  • 石田 紫織(タブラ奏者)
講師詳細

サーランギは北インドの代表的な弓奏楽器で、古くから主に声楽や舞踊の伴奏に使われてきました。約35本の共鳴弦による残響豊かな音色から、インドでは「人の声に最も近い楽器」と言われています。本講座ではサーランギと、同じくインドの伝統的な打楽器であるタブラによる北インド古典音楽を実演し、その音色を楽しむとともに、解説を交えながらサーランギの魅力をお伝えします。生で聴くことのできる機会が非常に少ないサーランギの音色を存分にお楽しみください。(講師記)

この講座は終了しました
日程
2021/7/24
曜日・時間
土曜 18:30~20:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,333円 一般 4,433円
設備費(税込)
165円
その他
この講座の受講料には音楽使用料が含まれています。

講師詳細

西沢 信亮(ニシザワ シンスケ)
2007年、デリーにて巨匠Ustad Sabri Khanの弟子であるUstad Nasir Khanに師事。以後、インド古典音楽の演奏を中心に、ソロをはじめ、声楽、舞踊の伴奏などの活動を行い、インド大使館、寺社仏閣、カルチャーセンター、各地のライブハウスやギャラリーなど様々な場で活動している。2013年にはデリーのサーランギ奏者を訪ね歩き取材活動を行うと同時に、多くの演奏会に出演し現地の音楽家たちと共演した。また、タブラの演奏を逆瀬川健治氏に師事し、リズム理論を実践的に学びインド古典音楽をより深く掘り下げるとともに、ライブの企画なども手掛けている。町田・万象房サーランギインド音楽教室講師。 http://sarangi-fungi.com/ 
石田 紫織(イシダ シオリ)
Pt.シュバンカル・ベナルジー、U-zhaanに師事。ラビンドラ・バラティ(コルカタの芸術大学)器楽科パーカッション専攻修士課程修了。インドリズムサークル「タールマンダリー」を主宰。https://ishidashiori.com/music/