中国は今 人権問題のゆくえを追う

  • 延与 光貞(朝日新聞社会部次長)

人権派弁護士や民主活動家への弾圧が伝えられる一方、「依法治国」(法に基づく国家統治)を推し進める中国。「社会主義現代化強国」を目指す習近平指導部の下で、中国の司法や人権の現場では何が起きているのか。市民の意識はどう変わってきたのか。
日本で司法分野を担当し、今年8月まで5年間、中国で取材した記者の視点から、中国の人権状況やその背景を読み解きます。香港で続いている民主化デモとの関係にも触れます。(講師・記)

この講座は終了しました
日程
2019/12/14
曜日・時間
土曜 13:00~14:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,960円