しっかり丸底のがま口ポーチ
  • 教室開催

  • イシカワ カオル(布作家)
講師詳細

ツマミが木玉になった口金を使い、底が楕円形のふっくらとした形の“置ける"がまぐちポーチを作ります。本体のタックと底の切り替えが可愛いデザインです。
当日は講師の古布コレクションから当日選んで作ります。
ミシンと手縫いで製作しますので、ミシンが無理なく扱える方が対象。

※写真の見本はイメージです。
作品サイズ:幅15.5cm、高さ13cm(口金のつまみ部分除く)、口金開き12cm、底15.5cm ×9.5cm

お申し込み
日程
2022/9/30
曜日・時間
金曜 13:30~16:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,630円 一般 4,730円
設備費(税込)
165円
持ち物など
【各自準備】
裁縫道具(縫い針 糸切りバサミ 縫い糸は講師が用意しますが、普段の使いやすいものを持参も可)
裁ちばさみ 目打ち
教材費3,000円 ※当日教室で支払い。お釣りのないようにご用意ください。

講師詳細

イシカワ カオル(イシカワ カオル)
建築、インテリア、家具デザインの勉強後、祖母から譲り受けた着物がキッカケで独学でバッグ製作を開始。古着物や様々なヴィンテージファブリックを使い、Bagや布小物をデザイン・製作。「今見ても色褪せることのない美しい配色やモダンな模様に魅せられ、その美しさを生かし、デザインに落とし込み、日々製作。古いものが新しく生まれ変わる過程を楽しみ時の流れや想いを今に繋げること。そんなモノ作りを目指している。」2019年、著書「がま口を作る」を発売。年に1、2回のオーダー展示会、イベント参加での展示販売、定期的に布小物作りのワークショップ、カルチャーセンター講師などで活動中。