レオナルド・ダ・ヴィンチ  モナ・リザの神秘の微笑

  • 松浦 弘明(多摩美術大学教授)
講師詳細

《モナ・リザ》はレオナルド・ダ・ヴィンチが死の直前まで手元に置いていた作品です。その不思議な微笑には、彼の晩年における制作課題が凝縮しているように思われます。
本講座では、レオナルドが《モナ・リザ》同様、年老いても手を入れ続けていたと思われる《聖母子と聖アンナ》や《洗礼者ヨハネ》と比べながら、彼の最終課題とは何だったのかを解き明かしていこうと思います。
(講師・記)


この講座は終了しました

注意事項

日程変更がありました
【休講】3月14日 ➡ 3月21日

日程
2020/3/21
曜日・時間
土曜 10:30~12:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,960円
持ち物など
受講券をお持ちください。
その他
当日ロビー掲示にて教室をご確認ください。

講師詳細

松浦 弘明(マツウラ ヒロアキ)
東京芸術大学美術学部芸術学科卒。同大学院博士課程修了。イタリア政府給費留学生としてフィレンツェ大学美術史学科に留学。現在、多摩美術大学、東京芸術大学等で西洋美術史、イタリア語の講義を担当。元NHKラジオ講座講師。著書・訳書に、『イタリア・ルネサンス美術館』(東京堂出版)、『レオナルド・ダ・ヴィンチの世界』(共著、東京堂出版)、『イタリア・ルネサンス美術論』(共著、東京堂出版)、『彫刻の解剖学』(ありな書房)、『祭壇画の解体学』(ありな書房)、『マザッチョ』(東京書籍)、『ラファエロ』(共著、河出書房新社)など。