人物をパステル・水彩で描く

  • 松川 佳代(画家)
講師詳細

人物を描く時に目鼻立ちばかり気になっていませんか?線だけでなく陰影で形が捉えられるようになると、絵はぐっと奥行きが出て、力強くいきいきとします。画材はパステル、水彩絵具どちらでも選べます。固定ポーズとクロッキーがあります。人物画初心者でもまずは基本的な形のとり方・混色法からご指導します。(講師・記)


≪カリキュラム≫毎回コスチュームです。2回ずつ同じモデルさんを描きます。1回クロッキーが入るときもあります。
・初回は講師の20分デモで、制作の流れをつかむ
・形を探りながら、修正できる肌色の混色法
・簡略化して骨格や身体のバランスを把握
・同系色に頼らない着彩
・陰影で立体感を出す
・奥行き、空間を表現する境界線
・人物を引き立てる背景色
・コスチュームを利用して響き合う色を配置

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

この講座は終了しました
日程
2019/7/1, 7/15, 7/29, 8/5, 8/19, 9/2, 9/16
曜日・時間
第1・3・5週 月曜 13:00~15:30
回数
7回
受講料(税込)
会員 29,484円 
持ち物など
《用意するもの》
パステルの方◆パステル:ゴンドラソフトパステル48~100色セット(他のメーカーの「ソフトパステル」をお持ちの場合はそれでも可)
◆紙:ラウニー アングルパステルブック(IP3-16 ホワイト系)、または「パステル用」の保護紙入りスケッチブック(マーメイド紙以外が良い)サイズはF6~F8
◆定着剤:ターレンス 濃縮フィキサチーフT9516-0006(または「パステル用」のフィキサチーフ)
◆目玉クリップ 2個 ◆小さめの雑巾(手を拭くもの) 

水彩の方 ◆お持ちの水彩絵具12~24色程度。◆紙はアヴァロン、ランプライト、ストラスモア、ウォーターフォードなどコットン紙推奨。初回にご説明します。
その他
≪テキスト≫ご新規の方には、講師作成のオリジナルテキストを販売致します。テキスト代200円(教室で販売致します)
※9/30はお休みです。

講師詳細

松川 佳代(マツカワ カヨ)
1979年生まれ。2002年多摩美術大学絵画学科油画専攻卒。2007年より国営昭和記念公園のパステル風景画を始め、同公園にてポストカードやカレンダーを販売。2011~2015年NextArt展推薦作品。昭和記念公園のパステル風景画を中心に、個展多数。著書「青空がアトリエ!パステルで風景スケッチ」日貿出版社。