顔を作る美術解剖学入門 微笑みの謎を解く
  • 教室・オンライン同時開催

  • 阿久津 裕彦(東京造形大学講師)
講師詳細

人体表現において、最も重視されるのは顔の表現です。私たちを魅了する名画・肖像画の内側に隠された「人間の顔」を、美術解剖学の視点から読み解くユニークな講座です。
 人間にとって顔はコミュニケーションの窓として機能している特殊な部位であると言えます。そのため、私たちは顔の形と表情の変化に非常に敏感に反応します。「顔
面」という言葉があるように、日常的には顔は平面的に捉えられています。しかし、実際の顔はまったく平面的ではなく、豊かな奥行きを持った立体的な形状をしています。顔に対する平面と立体の認識のズレが、顔を描いたり造形するのを難しくさせるのです。
 本講義では、平面的に見られがちな顔を、頭部の立体的な構造を通して解説します。頭部の一部である顔の形はその働きと密接に関連していることを知り、また、コミュニケーションに必須の「表情」がどのようにして作られるのかも、顔に埋め込まれている筋肉の走行から理解します。前半は、基本を知るための講義、後半では模型と粘土を用いたデモンストレーションをまじえて体験的実習も行います。聴講だけでも立体的な理解は深まりますが、実際に手を動かして作ることでより実感が得られるはずです。顔が立体的な頭部の一部として見えるようになることで、あなたの造形表現に説得力を与えることが可能になるでしょう。美術作品の人物表現の顔も、より深く鑑賞できるようになります。
 そしてもちろん、鏡に映るあなた自身の顔の見方も大きく変わるに違いありません。

■実習教材について
 ①~③を各自ご用意ください。
※いづれもAMAZON楽天市場などインターネットで検索、購入できます。
①頭蓋骨模型 : サイズは手のひらサイズの小型のもので可。価格は2,000円程度~。
参考)https://www.amazon.co.jp/dp/B08TX3XB79/ref=sspa_dk_detail_8?psc=1&pd_rd_i=B08TX3XB79&pd_rd_w=Ghe08&pf_rd_p=86d545e6-51ff-428d-9903-b93b364247df&pd_rd_wg=djkcy&pf_rd_r=9AVMN9NHSVAS0AVDQNS0&pd_rd_r=b8481678-4747-41a9-b563-54d7bc199940&spLa=ZW5jcnlwdGVkUXVhbGlmaWVyPUFFTU5XUFNZNEdSMFYmZW5jcnlwdGVkSWQ9QTA2NTc2OTVJN0tPSFA0NzFBU0smZW5jcnlwdGVkQWRJZD1BMVU1S0lBMUYxRUJHViZ3aWRnZXROYW1lPXNwX2RldGFpbCZhY3Rpb249Y2xpY2tSZWRpcmVjdCZkb05vdExvZ0NsaWNrPXRydWU=
②油粘土: “パジコ” 「かるい油粘土・ベージュ」 1個(約500円)が扱いやすくおすすめ。
参考)https://www.padico.co.jp/products/clay/other/clay04-001.html

③粘土を細工するヘラ: “パジコ” 「ステンレス細工棒」 がおすすめ。900円程度。
参考)https://www.padico.co.jp/products/tool/tool014.html

・本講座は教室でも、オンラインセミナーアプリ「Zoom」ミーティングを使ったオンラインでも、受講できるハイブリッド講座です(講師は緊急事態宣言・蔓延防止等重点措置が解除された場合には、教室で指導します。)パソコンやタブレット、スマートフォンで配信を見ることができます。
・本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
・配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
・開講日の2日前までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、au、SoftBank、Y!mobileなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合は tc9acc2@asahiculture.com までお問合せください。
・Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
・第三者との講座URLの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
・オンライン受講のお申し込みはWEB決済でのみ承ります(開講前日まで)。
・キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はtc9acc2@asahiculture.com までご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。
 

この講座は終了しました

注意事項

・本講座はZoomを使った、教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です。(講師は教室で指導します)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴URLとパスワード、および受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、 tc9acc2@asahiculture.com までお問合せください。
・ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。
・メールアドレスの登録がある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

日程
2022/2/26
曜日・時間
土曜 13:30~16:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 6,600円 一般 7,700円
設備費(税込)
165円
持ち物など
筆記用具。頭蓋骨模型(手のひらサイズ。2,500円程度)、「かるい油粘土・ベージュ」1個 500円程度、へら(パジコ、ステンレス細工棒がおすすめ。900円程度)。いづれもAMAZON、楽天市場などインターネットで購入できます。

講師詳細

阿久津 裕彦(アクツ ヒロヒコ)
1973年生まれ。東京芸術大学卒業・同大学院修了。順天堂大学博士課程修了。美術修士・医学博士。順天堂大学非常勤助教。東京芸術大学他、非常勤講師。東京芸術大学で彫刻を学んだ後、順天堂大学で人体解剖学を修める。ルネサンス期の解剖学図譜の図像分析および彫刻芸術と解剖学の関連性に着目している。また、美術解剖学のすそ野を広げるべく活動中。