初めての「線スケッチ」 永沢まことと描く 

  • 講師参考作品
  • 永沢 まこと(イラストレーター)
講師詳細

 絵を描くことにとって一番大切なのは「観察力」だというのが「線スケッチ」の考え方の基本です。誰でも持っている観察力によって、日頃使っているモノや、好きなものを丁寧に線によって写生すれば、かならずいい絵ができます。(講師記)
永沢先生の描く絵はいつもいきいきとして魅力的です。“永沢まこと方式の線スケッチ”を学び、描く楽しさを体験します。
 バッグやスニーカー、愛用の文房具、プラモデル、アクセサリー、飲食物など身近なお気に入りグッズを描き、透明水彩絵具で着彩します。

※準備の都合上、9/20(金)までにお申込ください。
※必ず、講座リーフレットをお受け取り下さい。

お申し込み
日程
2019/9/28
曜日・時間
土曜 15:30~19:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 5,292円 一般 5,940円
持ち物など
<準備いただくもの>
【モチーフ】身近なもの、愛用のものを持参してください。【ペン(色は黒)】「サインペン・リブ」(三菱鉛筆)又は「サインペン・プチ(中)」(パイロット社)のどちらか。あれば細描き用に「筆サイン極細」(ゼ ブラ)又は「筆之助しっかり仕立て」(トンボ)。【紙】F4サイズの水彩紙1枚、又はA4サイズ位の画用紙1枚かスケッチブック。【水彩絵具セット】 手持ちのものか、市販の手軽なもの。【その他】エンピツと消しゴム。

※準備の都合上、9/20(金)までにお申込ください。

講師詳細

永沢 まこと(ナガサワ マコト)
イラストレーター・絵描き。1936年生まれ。学習院大政経学部卒。アニメーターとしての活躍の後フリーに。NYに8年在住する中で、「題材をかならず直接に観察して線で描く」を具象絵画の表現の基本とする独自の方法、いわゆる「線スケッチ」を確立。この方法により、数多くの個性的な新人作家を育成したことでも知られる。著書に「永沢まことの街歩きスケッチ入門」(玄光社)、「永沢まことのとっておきスケッチ上達術」(草思社)、「絵を描きたいあなたへ」、「画集・海辺のイタリア」(いずれも講談社)他。
永沢まことオフィシャルブログ http://makoart.exblog.jp/