色鉛筆とパステルで夏を描こう 季節のポストカード

  • 望月 聖子(イラストレーター)
講師詳細

色鉛筆の魅力はその手軽さ。原色から中間色までそろった数多い色は画面を豊かに彩り、また重ね塗りすることでより微妙な色を出すことが可能です。講師のはがき絵をお手本に色鉛筆の美しい描き方を学びます。
どなたにも親しめ、楽しみながら描くことができる色鉛筆のはがき絵で、描いた四季を楽しみながら、あなたも遠く離れて暮す家族や友人にお便りを出してみませんか?

この講座は終了しました
日程
2019/7/16
曜日・時間
第3 火曜 18:30~20:30
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,240円 一般 3,888円
持ち物など
持ち物:各自用意:色鉛筆、HB鉛筆、消しゴム、黒の細字耐水性ミリペン0.2ミリ、官製ハガキ又は無地のポストカード、スケッチブック、ユニボール・シグノ・イラスト・ホワイトペン(太字)、パステル(ソフト)、フキサチーフ
(※色鉛筆はお手持ちのものでOKですが、新規購入の場合はホルベインの36色がお勧め。) 
その他
教材費250円他(当日教室にてお支払いとなります。)

講師詳細

望月 聖子(モチヅキ キヨコ)
1944年生れ。桑沢デザイン研究所卒。イラストの仕事に従事。 著書に色鉛筆で描いた「母へのハガキ絵」(日貿出版社)「日本の12か月を食べる、遊ぶ、暮らす。」(幻冬舎)等多数。