本金箔の羽子板にアマビエを描く コロナに負けるな

  • 阿曽沼 明(新制作協会・日本美術家連盟)
講師詳細

 新型コロナウイルス感染症により、何かと気の重い日が続いていますが、疫病退散の願いと気分転換になるよう、アマビエ様を羽子板に描いてみましょう。羽子板は「破護板」とも書き、厄災をはね除ける縁起物です。その羽子板に運気を高めるような本金箔を貼り、疫病を祓うとされるアマビエ様の姿を絵付けしていきます。(講師記)
 
※本金箔(純度90%以上)を貼った羽子板や、アマビエ様の図はこちらで用意します。ご自身でイメージしたものを描くこともできます。

お申し込み
日程
2021/1/22, 1/29
曜日・時間
金曜 10:15~12:45
回数
2回
受講料(税込)
会員 8,140円 一般 8,140円
教材費(税込)
教材費 3,300円
設備費(税込)
330円
持ち物など
〈持ち物〉
油絵具かアクリル絵具セット、細い筆(面相筆)、持ち帰り用紙袋、B以上の鉛筆、フキサチーフ、古布、エプロン。
※アクリル絵具の貸し出しがございます。(先着5名様。事前にご予約ください。)
その他
教材費3300円は羽子板代です。
お申し込み締切日:教材準備の都合上、  月  日( )までにお申し込みください。

講師詳細

阿曽沼 明(アソヌマ アキラ)
和光大学人文学部芸術学科卒業。新制作展出品、新作家賞受賞。他、上野の森大賞展、現代美術選抜展(文化庁主催)出品。2008年、個展開催。現在、新制作協会会員、日本美術家連盟会員、横浜美術協会会員。