魁聖の大相撲談義 相撲名物記者が聞く

  • 魁聖関
  • 聞き手:朝日新聞抜井規泰記者
  • 魁聖 一郎(魁聖関)
  • 抜井 規泰(朝日新聞記者(元大相撲三賞選考委員))
講師詳細

大柄な体を武器に、得意の四つ相撲で土俵を盛り上げている魁聖関。角界一のゲーム好きでも知られ、その温厚で陽気な性格で、相撲ファンから愛されています。
魁聖関は、ブラジル・サンパウロ出身の日系3世。魁皇(現・浅香山親方)に憧れて相撲をはじめ、同じ友綱部屋に入門して、力士生活をスタートします。2014年には日本に帰化し、初土俵から10年目となる2016年5月場所で、新三役(東小結)に昇進。ブラジル出身力士として初の三役、続く7月場所では東関脇となりました。
聞き手は、朝日新聞相撲名物記者の抜井規泰さん。入門前から現在に至るまでのエピソードや思い出話し、友綱部屋と師匠について、今後の土俵にかける意気込みなどをたっぷり語って頂きます。

中途受講はできません

この講座は終了しました
日程
2020/2/15
曜日・時間
土曜 18:30~20:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,080円 一般 3,740円

講師詳細

魁聖 一郎(カイセイ イチロウ)
1986年12月18日 生まれ 。ブラジル・サンパウロ出身で友綱部屋所属の現役大相撲力士。日系ブラジル人3世で2014年に日本に帰化。本名は菅野 リカルド。旧名リカルド(ヒカルド)・スガノ。身長194cm、体重204kg、血液型はO型。得意手は右四つ、寄り。最高位は東関脇。
抜井 規泰(ヌクイ ノリヤス)
朝日新聞記者。元大相撲三賞選考委員。1994年、中央大学法学部卒。同年、朝日新聞社入社。週刊朝日編集部、特別報道部、スポーツ部などをへて、現在、社会部東部支局(両国)。主にスポーツ記者として、大相撲、プロ野球、大リーグを取材。週刊朝日編集部時代にプロ野球ロッテ球団の薬物疑惑をスクープ報道したほか、「マブチモーター会長宅強盗殺人事件」の主犯の別件の未解決殺人事件報道で、2007年の「雑誌ジャーナリズム賞・スクープ賞」受賞。著書に「知らないと怖いインプラント治療」など。