雑穀で代謝力アップ 冬にためた脂肪をデトックス

  • 田中 雅子(雑穀クリエイター)
講師詳細

 季節の変わり目になると体調を崩しやすくなるという方も多いのではないでしょうか。 特に3~4月にかけては、冬から春への急な気温の変化や生活環境の変化など、体調を崩す原因は様々です。こういう時だからこそ、日々の健康管理には気をつけなければなりません。冬の間の野菜の摂取不足や、朝食の欠食などからくる不調も見逃せません。
 この時期に不足しがちで健康にかかわる栄養素として上げられるのは、食物繊維、良質の脂、ビタミン・ミネラル、アミノ酸です。
 そして、この栄養素を手軽に毎日摂取できる食材が“雑穀”です。
 雑穀は縄文時代から日本人が親しんできた日本古来の穀物で、ここ数年、古くて新しい食材として注目されています。カリウムや亜鉛、鉄分などのミネラルや食物繊維、抗酸化作用の強いポリフェノールを豊富に含むなど、その栄養価の高さに注目が集まっています。また、弾力あるプチプチした食感や、白米に混ぜて炊くと華やかになるカラフルな色も人気の秘密です。さらには、この歯ごたえある雑穀を意識的に良く噛むことで、自律神経を整えることもできるのです。
 そんなスーパーフード、雑穀の美味しい食べ方、季節に合ったレシピを紹介します。雑穀のある食卓で、春から夏を元気に迎えましょう!(講師・記)

お申し込み
日程
2020/3/14
曜日・時間
土曜 15:30~17:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,970円 一般 3,630円
教材費(税込)
教材費 1,210円
持ち物など
飲料水、筆記用具

講師詳細

田中 雅子(タナカ マサコ)
日本雑穀協会認定雑穀クリエイター・雑穀アドバイザー(認定番号 第A10031号)、食育アドバイザー(認定番号 SA0008)、ジュニアベジタブル&フルーツマイスター。
20年間自宅で料理教室を主宰し、12年前から雑穀を始め食生活を豊かにするレシピを提案している。社会人向け、幼稚園や小学校の保護者向けの講演やその他調理実習会での講師など日本各地で雑穀講習会を行い、食育活動に取り組んでいる。また、レストランやカフェ、雑誌へのレシピ提供、企業との共同商品開発等、幅広く活動している。
日本雑穀協会主催「雑穀レシピコンテスト2014」最優秀賞など受賞歴多数。日本雑穀アワード審査員。主な著書に『雑穀をおいしく食べるRECIPE BOOK』(朝日新聞出版)がある。