医学・医療の歴史をたどる ~感染症・外科・診断~
  • 教室・オンライン同時開催

  • 坂井建雄先生
  • 講師著書:『医学全史─西洋から東洋・日本まで』(2020)ちくま新書
  • 講師著書:『図説 医学の歴史』(2019)医学書院
  • 坂井 建雄(順天堂大学特任教授)
講師詳細

 2020年始めから世界に広がった新型コロナ感染症(COVID-19)は、医学・医療の役割の大きさを改めて認識する機会になりました。古代ギリシャ・ローマから始まり近代医学に至るまで2000年を越える医学・医療の歴史を3つのテーマでたどります。
 今回は、健康な身体を守るための戦いをキーワードに「感染症・外科・診断」を取り上げます。さまざまな感染症は、歴史の中でたびたび現れて人々に多大な災厄をもたらし、医学はそれと戦って克服してきました。戦争や災害、日常生活の中でも生じる事故や突発的な病気に対しても、医学はさまざまな外科手術を生み出して対応してきました。内臓の病気については、死後の解剖によって臓器病変を発見し、さらに生体での画像診断により診断と治療ができるようになりました。(講師・記)

【カリキュラム】
第1回 感染症から身体を守る ~疫病から細菌とウイルスの発見・治療薬まで
第2回 戦争・災害・事故・突然の病気から身体を守る ~外科手術のさまざまな発展
第3回 病気の症状と診断 ~症状による診断から病理解剖と画像診断まで


〈ご案内事項〉
●本講座はオンラインセミナーアプリ「Zoom」ウェビナーを使ったオンラインでも、教室でも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。パソコンやスマートフォン、タブレットでも配信を見ることができます。
●本講座はメール登録のある受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。期間内は受講者は何度でもご視聴いただけます。
●配布資料がある場合はメールでご案内いたします。郵送はしておりません。
●開講日の前日夜までにメールアドレス登録のある受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。弊社からのメールが届かない事案が発生しておりますため、モバイルメールアドレス(docomo、ezweb、SoftBankなど)はなるべく使用しないようお願い申し上げます。メールが届かない場合はtc9acc2@asahiculture.comまでお問合せください。
●Zoomのソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。スマートフォンやタブレットで視聴する場合はZoomアプリを事前にダウンロードしてください。
●ネット環境による切断やその他アプリの障害が起きた場合には、当社は責任を負いかねます。 またやむを得ない事情により実施できなかった場合は、受講料の全額をお返しいたします。
●第三者との講座視聴リンクのの共有や貸与、SNSを含む他の媒体への転載、また、講座で配布した教材を受講目的以外で使用することは著作権の侵害になりますので、固くお断りいたします。
●オンライン講座の申し込みはWEB決済のみで承ります(開講日2日前まで)。キャンセルは開講日の4日前まで承ります(手数料550円)。キャンセルの場合はtc9acc2@asahiculture.comまでご連絡ください。その後のキャンセルはできませんのであらかじめご了承ください。

この講座は終了しました

注意事項

●本講座はZoomウェビナーを使用した教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です。(講師は教室)。開講日の前日夜までに受講者の皆様に講座視聴リンクと受講のご案内をメールでお知らせいたします。メールが届かない場合は、tc9acc2@asahiculture.com までお問合せください。
●ソフトウェアを必ず最新版にアップデートの上ご覧ください。受講者全員に後日アーカイブ動画(1週間限定配信)のリンクをお送りいたします。

◇お申し込み締切(2日前) ➡延長します!当日12:00まで。
◇キャンセル締切(4日前)

日程
2022/7/26, 8/23, 9/27
曜日・時間
火曜 16:00~17:30
回数
3回
受講料(税込)
会員 9,900円 一般 13,200円
設備費(税込)
495円
持ち物など
【参考文献】
●坂井建雄『医学全史─西洋から東洋・日本まで』(2020)ちくま新書
●坂井建雄『図説 医学の歴史』(2019)医学書院
他。

講師詳細

坂井 建雄(サカイ タツオ)
1953年生まれ。東京大学医学部卒業。順天堂大学保健医療学部特任教授、医学部医史学研究室、大学院医学研究科解剖学・生体構造科学(兼務)。日本医史学会、理事長。専門は、解剖学、医史学。主な著書に『からだの自然誌』(1993年、東京大学出版会)、『プロメテウス解剖学アトラス』(共監訳2007-09年、医学書院)、『カラー図解 人体の正常構造と機能』(共編著2008年、日本医事新報社)、『人体観の歴史』(2008年、岩波書店)、『ガレノス 解剖学論集』(共訳2011年、京都大学学術出版会)、『日本医学教育史』(編著2012年、東北大学出版会)、『図説 人体イメージの変遷』(2014年、岩波書店)、『標準解剖学』(2017年、医学書院)、『医学教育の歴史:古今と東西』(編著2019年、法政大学出版局)、『図説 医学の歴史』(2019年医学書院)、『医学全史』(2020年、ちくま新書)、『人体の骨格筋 上肢』(共著2020年、医学書院)など多数。