はじめての短歌レッスン

  • 松平 盟子(歌人・「プチ★モンド」代表)
講師詳細

 1300年も前から短歌という詩は日本人に愛されてきました。どうしてなのでしょう?どんな魅力があるからなのでしょう? それは誰しもが揺れる心を持ち、ときどきの思いを57577の心地よいリズムに委ね、言葉に託してみたくなるからなのでしょう。短歌を実際に作ってみたいし、名歌を鑑賞して歌人たちの表現を学んでみたい。その第一歩を集中講座スタイルで行います。

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。
この講座は新規の方の定員が満席です。前期からひき続き受講されている方のみお申し込みできます。

お申し込み

注意事項

※2020年1月のみ第3週です。ご注意ください。

日程
2019/10/3, 11/7, 12/5, 1/16, 2/6, 3/5
曜日・時間
木曜 15:30~17:30
回数
6回
受講料(税込)
会員 17,160円 
その他
【次回作品締切】11月28日木曜。題:「歳」、「振る」
教室での歌会用1首を1枚の紙に、添削用2首を1枚の紙に書いて、担当まで提出。遅れた場合は、翌月に講評、添削となります。★専用の原稿用紙200円を受付でお求めください

講師詳細

松平 盟子(マツダイラ メイコ)
愛知県生まれ。南山大学国語国文学科卒。「帆を張る父のやうに」により角川短歌賞。歌集に『プラチナ・ブルース』(河野愛子賞)『カフェの木椅子が軋むまま』『天の砂』など。著書に『母の愛 与謝野晶子の童話』『パリを抱きしめる』など。与謝野晶子のパリ滞在とその文学研究のためパリ第7大学にて在外研究(国際交流基金フェローシップ)。現代歌人協会および日本文藝家協会会員。