• 見学可

ボタニカルアート 月曜

  • 講師作品
  • 講師作品
  • 角田 葉子(植物画家)
講師詳細

植物と対話をしながら、科学の眼で観察し、芸術の心で絵を描きます。基礎知識を学び、基本の技法を身につけ、毎回違うモチーフの植物を精密に描くことで、植物に関する教養も深まります。



1年のカリキュラム1.ボタニカルアートとは何か  2.植物画を描く心構え 3.用具について 4.鉛筆だけで描く5.黒色(墨)だけで描く 6.水彩で描く 7.水張り 8.植物に関する教養を深める 9.ペン画10.額に入れる 11.友人の作品を鑑賞する

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。
この講座は新規の方の定員が満席です。前期からひき続き受講されている方のみお申し込みできます。

お申込みはお電話042-527-6511で

注意事項

※10月期は9/28スタートです。

日程
2020/9/28, 10/12, 10/26, 11/9, 11/23, 12/14, 12/28
曜日・時間
第2・4 月曜 13:00~15:00
回数
7回
受講料(税込)
会員 23,870円 
設備費(税込)
1,155円
持ち物など
新規、継続の方ともモチーフ準備のため、お申込は2日前までにお願いします。
〈持ち物〉鉛筆(H・F・HBのいずれか1本)、スケッチブック(F4)、消しゴム(上質のもの)
その他
※ご受講希望の方は、必ず事前にご見学ください。
※モチーフは毎回変わり、1回で描き終わらない場合もございます。ご了承ください。

講師詳細

角田 葉子(カクタ ヨウコ)
御茶ノ水女子大学国文科卒業。植物画家太田洋愛氏に師事。英国Oxford大学、Sheffield大学、Cambridge大学の公開講座で、植物画をValerie Oxley氏に学ぶ。日本ボタニカルアート協会会員。英国王立園芸協会フラワーショウ「シルバーギルトメダル」受賞。「ベストボタニカルアーティスト・BBCガーデナーズ・ワールドライフ2003トロフィー賞」受賞。英国Kewガーデン展「Flora Japonica展」展示、日本帰国展・国立博物館「フロラヤポニカ展」、高知県立牧野植物園、練馬区立牧野記念庭園記念館展示。Kewガーデン機関誌「カーチス・ボタニカルマガジン」挿絵掲載。「薬草カラー図鑑」(主婦の友社)、「いきもの探検大図鑑」「小学館の図鑑NEO植物」(小学館)、恵泉女学園大学機関誌「園芸文化」、会員誌「BOTANICAL ARTISTS](日本園芸協会)などの表紙や挿絵を描く。