ダンテ「神曲」を読み解く 天国篇

  • 藤谷 道夫(慶應義塾大学教授)
講師詳細

イタリア語をご存知ない方でもご理解いただけるよう、講師の口語訳を通して天国篇を順々に解説しています。日本人には見過ごされがちな、また理解しにくに適時、詳細に解説し、字義的な意味をとらえたあと、その裏に隠されたダンテの意図(寓意的・比喩的・霊的な意味)を読み解いていきます。ダンテの目線~中世の人々の思考~に立って、当時の神学、哲学、修辞学、古典学、天文学など、複眼的な視点から、重層構造をなすダンテの詩行を最新の研究成果を踏まえながら解説していきます。(講師・記)
※2020年3月から天国篇に入りました。

※藤谷先生の講座は、第4週目に「聖書と神話」もあります。
https://www.asahiculture.jp/course/tachikawa/7f8c88c9-1dbb-456a-6f83-5e0173747e62

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2020/5/8, 6/12, 7/10, 7/31, 9/11
曜日・時間
第2・5 金曜 15:30~17:30
回数
5回
受講料(税込)
会員 14,850円 
設備費(税込)
825円
その他
※8月はお休みです。その代わり7月は第2と第5週が講座日です。
※3/13が休講になったため、4/10に振替ます。4/10から天国篇に入ります。

講師詳細

藤谷 道夫(フジタニ ミチオ)
 慶應応義塾大学文学部仏文科卒。筑波大学大学院博士課程文芸言語研究科文学(西洋古典学)専攻課程修了。イタリア給費留学生としてフィレンツェ大に留学。ギリシャ神話の他、ルクレーティウスを始めとするラテン詩からダンテまでを研究している。朝日カルチャーセンター新宿教室、横浜教室、立川教室で『神曲』の講義を継続中。著書に『ダンテ『神曲』における数的構成』(慶応義塾大学出版会)、訳書に、マリーナ・マリエッティ著『ダンテ』(白水社クセジュ文庫)、『神曲』地獄篇第1歌-第17歌(河出書房新社)などがある。