倭国と東アジア【教室受講】

  • 河内 春人(関東学院大学准教授)
講師詳細

日本古代史は、中国や朝鮮半島など列島をとりまく東アジアの歴史と密接に結びついています。倭国の時代に東アジアの世界は政治・経済・文化の諸側面でどのような影響を与え、逆に倭国は東アジアとどのような交流を展開したでしょうか。日本列島に政治権力が出現し、それが成長していく時代の東アジアの情勢と倭国と呼ばれた古代日本の動向をあわせて見渡すことによって、世界のなかの日本という問題を考えます。(講師・記)

【各回テーマ】(予定)
4/20 邪馬台国の国際関係
5/25 古墳時代の鉄と交流
6/22 倭の五王と中国外交

※オンラインでもご受講いただけます。(講師は教室)
 オンラインでのご受講をご希望の方は【オンライン受講】からお申し込みください。
https://www.asahiculture.jp/course/tachikawa/274a8c10-ae92-bc51-b731-600f7a29d9d9

お申し込み
日程
2021/4/20, 5/25, 6/22
曜日・時間
火曜 10:30~12:00
回数
3回
受講料(税込)
会員 8,910円 一般 12,210円
設備費(税込)
495円
その他
※LUMINEは当面11時開店です。開店前は1階からエレベーターで9階までお越しください。

講師詳細

河内 春人(コウチ ハルヒト)
1970年東京都生まれ。明治大学文学部史学地理学科卒業。同大学院博士後期課程退学。現在、関東学院大学准教授、立教大学兼任講師。日本古代史専攻。主著『倭の五王』(中公新書)、『日本古代君主号の研究―倭国王・天子・天皇』(八木書店)、『東アジア交流史のなかの遣唐使』(汲古書院)、訳書『モノが語る日本対外交易史 七―一六世紀』(シャルロッテ・フォン・ヴェアシュア著・藤原書店)など。