• 見学可

茶道江戸千家の茶の湯を楽しむ 日昼

  • 佐藤 宗閑(茶道江戸千家教授)
講師詳細

茶の湯とは、一服のお茶にいかに心をこめ、状態よく点てて差し上げるか、ということから成り立っています。おいしく召し上がっていただくためには、周囲を清め、道具を整え、季節の花を入れ、心を尽くしてお点前をします。一期一会を大切に、茶道の基本を通して、伝統文化を楽しく学び合います。

お申込みはお電話042-527-6511で

注意事項

【休講連絡】(2021.1.8)
緊急事態宣言発表に伴い、当面の間、休講になりました。(4月から再開予定です。)
※1/11(月)の初釜も中止になりました。

日程
/
曜日・時間
回数
0回
受講料(税込)
会員 0円 一般 0円
持ち物など
袱紗、懐紙、扇子 ※申し込み時にご予約いただければ初日に現地(正楽院)で購入できます。(約1万円程度)
その他
<場所>正楽院℡042-522-4504※チラシ参照 予定の日程や時間以外に会場主催の行事があります。ご参加の場合は別途費用がかかります。(受講料には水屋代を含みます)会場の都合により日程が変更になることがあります。振替などについては会場でご相談ください。


講師詳細

佐藤 宗閑(サトウ ソウカン)
昭和19年立川市生まれ。大正大学卒業、正楽院住職。昭和46年に茶道江戸千家に入門、52年に教授となる。正楽院では茶筅供養や茶会が営まれている。