日本の古寺・古仏の旅 近江の国

  • 滋賀 鶏足寺 十一面観音像
  • 齊藤 経生(女子美術大学名誉教授)
講師詳細

滋賀県には、日本における天台密教の祖・最澄の創建した比叡山延暦寺をはじめ、湖東三山と言われる西明寺、金剛輪寺、百済寺、観音の里として親しまれる湖北には、国宝の十一面観音像を伝える向源寺(渡岸寺観音堂)をはじめ、鶏足寺、石道寺、赤後寺など平安時代の観音像があります。またこれらのほかにも石山寺、善水寺、櫟野寺、石塔寺など魅力ある古寺があります。今回の講座では近江の古寺・古仏を紹介します。なお古寺・古仏鑑賞と理解の一助としてスライド映写を多用します。 (講師記)

この講座は、ご入会が必要です。会員でない方は、ご入会の手続きをお願いいたします。

お申し込み
日程
2019/10/4, 10/18, 11/1, 11/15, 11/29, 12/6, 12/20
曜日・時間
第1・3・5 金曜 13:00~15:00
回数
7回
受講料(税込)
会員 20,790円 
その他
資料代は受講料に含まれております。

講師詳細

齊藤 経生(サイトウ ツネオ)
1941年東京生まれ。早稲田大学大学院文学研究科芸術学専攻博士課程修了。1977年女子美術大学講師、助教授、教授を勤める。主に日本を中心としてインド、中国など東洋の仏教美術史を専門とする。主な著書に『仏像観賞の旅』(共著)里文出版、論文に『定朝様の誕生』(「歴史公論」116号雄山閣)、『鶏足寺の本地仏について』(「國華」985号 朝日新聞社)ほか。