季節の天然染色 藍染を楽しむ B:のれん(85×120㎝)

  • タペストリーとしてもお使いいただけます。
  • 金子 利代(元文化服装学院教授)
講師詳細

 藍染の季節になりました。ジャパンブルーの清涼感あふれる藍は、時を経るごとに色に深みを増していきます。濃淡で染めるグラデーションや絞り模様を入れて、白とブルーのコントラストを楽しめるのも藍の魅力です。天然のインド藍を使用します。(講師・記)

 B:のれん(85×120㎝)=綿シャンタン地ののれんですが、タペストリーとしてもご利用いただけます。洋風、和風どちらにも向いています。
 
※実技のほか、染色の手順・染料の抽出方法などの説明も致しますので、初めての方から経験者の方までご参加いただけます。

※天然染料は、植物採集の時期、場所、その他さまざまな条件により、見本と同じ色調にならない場合があります。ですが、そこが天然染色の面白さ・楽しさでもありますので、理解のほどよろしくお願いいたします。

※材料手配の都合上、8/31(月)までにご入金ください。

お申し込み

注意事項

材料手配の都合上、8/31(月)までにご入金ください。
6/9休講 → 9/8補講

日程
2020/9/8
曜日・時間
火曜 10:15~12:15
回数
1回
受講料(税込)
会員 2,860円 一般 3,960円
教材費(税込)
教材費 4,600円
設備費(税込)
165円
持ち物など
持ち物: 糸切りバサミ 、ゴム手袋(厚手)、エプロン。手描きを楽しみたい方は、お手持ちの筆や刷毛などご持参ください。
その他
ルミネ10:00開店のため、階段で1Fに降りてエレベーター直通で9階までお越しください。

講師詳細

金子 利代(カネコ トシヨ)
テキスタイル染色が専門。京絞り染め振興会の日本伝統的工芸品産業振興会受賞。2003年2月文化服装学院ギャラリーで個展「手仕事、色、いろ」2005年9月ギャラリーネオ・エポックで個展。2009年第65回現代美術家協会展入選。2012年第68回現代美術家協会展会友。