文字図「福」を描く  大人の色遊び 韓国民画 1日体験 

  • 池 貴巳子(韓国民画家)
講師詳細

民画の文字図には、儒教の教えをとく孝悌図の他に、百寿百福図があります。
福をたくさん受け、長生きをしてください。という願いを込めて。富貴の象徴である牡丹の花をあしらった「福」の文字を描きます。

※ご新規・ご継続の方も、材料準備の都合上、【開講日4日前まで】にご入金をお願い致します。

お申し込み
日程
2021/3/20
曜日・時間
第3 土曜 15:30~18:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,300円 一般 3,300円
設備費(税込)
165円
持ち物など
●持ち物 持っている方は、面相筆2~3本、彩色筆2~3本、顔彩(*持っていない方は、初回数回貸し出し可。
(教室で購入することも出来ます。)エプロン、汚れても良いタオル、筆記用具をご持参ください。
その他
★ご継続の場合も材料準備の都合上、【開講日4日前まで】にご入金をお願い致します。
●教材費別 1,000円(当日お教室でお支払いください。)


講師詳細

池 貴巳子(チ キミコ)
日本でイラストレーターとして活躍後、韓国民画と出会う。1986年韓国へ渡り、ソウル・仁寺洞にある教室で本格的に民画を習い始め、同時に水墨画も習得。毎年、横浜・鶴見画廊で個展を開催しながら韓国民画家として活躍中。動植物や童子をモチーフとした心がほっこりするような独特のタッチが魅力。2014年3月 京橋「繭」個展を開催。NHKハングル講座テキストの表紙などに作品を提供。たくさんのふしぎ『ジミンちのおもち』福音館書店/2012年6月号、「かくれんぼ  朝鮮半島のわらべうた」福音館書店・2016年3月発行。