ジャズのいろいろ、ジャズはいろいろ Vol.4 スイングしなければ意味がないのか?
  • 教室開催

  • 谷口英治さん
  • 谷口 英治(ジャズ・クラリネット奏者)
講師詳細

 かのデューク・エリントンは「スイングしなけりゃ意味ないね」という名曲を残しました。ジャズミュージシャンは今夜もさらにスイングする瞬間を求めて演奏し続けます。スイングすることこそがジャズの目的と言われますが、それはいったいどういうことなのでしょうか。この究極のテーマに対して、聞こえ方のメカニズムや演奏上のコントロールさらに歴史的変遷の面から、長きにわたりスイングを演奏してきたクラリネット奏者としての持論を展開します。ここを押さえておけば、ジャズを聴くのも演奏するのももっと楽しくなるに違いありません。(講師・記)

お申し込み
日程
2023/2/11
曜日・時間
土曜 16:30~18:00
回数
1回
受講料(税込)
会員 3,993円 一般 5,093円
設備費(税込)
165円

講師詳細

谷口 英治(タニグチ エイジ)
1968年北九州市生まれ。早稲田大学在学中よりプロとして演奏活動を行う。新旧のスタイルをブレンドさせた柔軟な音楽性が様々な分野で高く評価され、本邦を代表するクラリネット奏者の一人となる。コンコード・ジャズ祭(1999年米)、ジャズ・バルティカ(2018年独)をはじめ国内外のフェスティバルにも多数招聘され、バディ・デフランコ(cl),エディ・ダニエルズ(cl),スコット・ハミルトン(ts)、北村英治(cl)らトップアーティストとの共演を重ねる。またマンハッタン・ジャズ・オーケストラのアルバム『ボレロ』(2014年)にはバスクラリネット奏者として参加している。ジャズ以外に、J-ポップアーティストへのソロ提供、編曲提供が多いのもクラリネット奏者としてユニークなところである。北九州文化大使。洗足学園音楽大学講師。